【最高の舞台を支える】オリンピックを足元から支えるコートマットの秘密<後編>

オリンピックのバドミントン競技を支えるモノや人をフィーチャー。第2回は、オリンピックで使用されるコートマットの秘密に迫っている。前編では、オリンピックで使用されるコートマットについて、その特徴と歴史について紹介した。後編では、知られざるバドミントンコートの設営をクローズアップ。東京2020オリンピックと同じコートマットを使用して開催された2019年のダイハツ・ヨネックスジャパンOPで、コートの設営を密着取材。最高峰の舞台はこうしてつくられている!

コートマットはこうして敷かれるって知ってた!?

01. コートマットを運ぶ

持ち運びができるのは、軟質素材でつくられたヨネックスのコートマットならでは。1面で1枚ではなく、4つに分けられたものが筒状に丸めて保管され、その状態で体育館に運ばれてくる。この状態でコートが敷かれる場所に移動

02. コートマットを敷く

それぞれ端を引っ張りながら適切な場所に敷いていく
4枚で1面になるように、ラインはあらかじめペイントされている

03. 正しい位置に調整

床上にマークされた正しい場所にコートが敷けるように調整

04. 各パーツをファスナーでつなぐ

4枚に分けられたコートは、ファスナーで繋げられて1面に

05. 全面を伸ばす

弛みがないように、しっかり空気を抜いて床に密着させる

06. 床に固定する

床とコートの端をテープで固定。剥がれることがないよう二重に貼る
体育館に敷かれた1面のコートマット。ファスナーでつないだ境目はわからない

07. コート間の装飾など

ここからは装飾もスタート。コートと床の段差ができないように装飾する

08. ネットや審判台をセット

ネットの支柱や審判台をセット。ネットを張ってコート完成!

09. 本格的な会場の装飾

ここからコート間のボードなどを設置して、本格的な装飾も施される

 

ヨネックス製コートマットの特徴

コートマットは主に3層の構造になっていて、ポリ塩化ビニルという素材を使用。この軟質素材が適度なグリップ力とクッション性を実現する。また、軟質素材には巻き癖がとれやすいという特徴もあり、収納する、また広げて使用するという繰り返しが可能なのも長所の一つでもある。海外製のコートマットは一般的に常設使用であることを考えると、持ち運びがしやすく、耐久性という部分でも優れているのがヨネックスコートマットの特徴だ。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

投稿日:2021/07/23
■関連キーワード

         

人気記事ランキング