【東京五輪】「後悔のないように全力で頑張ります!!」(桃田賢斗)<開幕前選手コメント1>

いよいよ東京2020オリンピックが開幕! 開幕に向けて、日本代表選手団のコメントを紹介する。下記は、バドミントン男子代表のコメント。※女子代表のコメントは、こちら

桃田賢斗(NTT東日本)

「不安な気持ちの方が大きいですが、この大会を開催するにあたりご尽力いただいた方々や、ここまで自分をサポート、支援、成長させてくれた方々全員に感謝をし、後悔のないように全力で頑張ります!!」

常山幹太(トナミ運輸)

「合宿の練習でもしっかり身の入ったいい練習ができていますし、コンディションもよくなってきていると思います。目標は、一戦一戦、自分のプレーを出しきることです。自分らしいねばりのあるプレーや、多彩なショット、フットワークをしっかり出して、後悔なく自分のプレーを出しきれればいいなと思います」

※常山選手のコメントは、7月8日のオンライン会見から抜粋し、再編集

 

遠藤大由(日本ユニシス)

「しっかり準備をして、良いパフォーマンスが出せるようにしたいと思います。金メダルを目標にしています。TVの前からにはなりますが、熱い声援よろしくお願いします」

渡辺勇大(日本ユニシス)

「とてもワクワクしています。応援してくれている方々に恩返しできるよう、精いっぱいプレーしたいと思います」

 

園田啓悟(トナミ運輸)

「大会が1 年延期になり、モチベーションの維持が難しいところもありましたが、周りの方のサポートにより、東京2020オリンピックを迎えます。コンディション的にもワクワクしていて、やってやろうという気持ちです。東京2020オリンピックでは、今までサポートしていただいた方々への恩返しを体現していき、そして、金メダルをねらっていきたいです。無観客という形になりましたが、画面越しでも伝わる気合いを見せていきたいと思います。ご声援よろしくお願いいたします」

嘉村健士(トナミ運輸)

「試合本番が近づき、初めてのオリンピックで緊張感が高まっていますが、どちらかというとオリンピックという舞台、そして日本開催ということで、とてもワクワクしています。今までの集大成として悔いなく、笑顔で、最高のパフォーマンスができるように頑張りたいと思います。いつも応援してくれる皆さんには感謝しかありません。本当にありがとうございます」

構成/バドミントン・マガジン編集部(※JOC発表のプレスリリースを基に構成)

投稿日:2021/07/23
■関連キーワード

                     

人気記事ランキング