【海外情報】BWF殿堂入りを果たした3名のコメントを発表!

6月16日、BWF(世界バドミントン連盟)は6月2日にBWF殿堂入りを発表した女子シングルス元中国代表の張寧(ツァン・ニン)、男子ダブルス同代表の蔡贇(カイ・ユン)/傅海峰(フ・ハイフン)のオンライン記者会見を行なった。3名のコメントは以下の通り(殿堂入り発表の記事はこちら)。

張寧 BWF殿堂入りができたこと大変光栄に思います。また、バドミントンで最高の栄誉を授与して頂いたことに感謝しています。この殿堂入りは、これまでの私の努力や、私のキャリアを築くうえで支えてくれた素晴らしい(中国代表)チームが認められたのだと思います。

蔡贇(写真左) 今日はとても幸せですし、興奮しています。この栄誉を与えてくれたBWFに感謝します。こうやって私のスポーツキャリアが認められたことは、私の人生のハイライトになっていくと思います。

傅海峰 私のキャリアの中で、蔡贇という素晴らしいパートナーと巡り会えたことは幸運でした。そして、BWF殿堂入りを果たしたことについては、とても名誉なことだと思っています。今後も多くの人々がバドミントンを楽しめるように、私もベストをつくしていきたいと思います。

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

投稿日:2021/06/18
■関連キーワード

               

人気記事ランキング