【選手情報】2021年『U19』メンバーが更新! 高校選抜で活躍した男子3名、女子2名が追加選出!

4月2日、日本バドミントン協会は2021年ジュニアナショナルチームU19のメンバーを更新した。今年は日本協会が定めた『新型コロナウイルス感染症拡大に伴う限定措置基準』により選手を決定。1月中旬に発表されたメンバーに、全国高校選抜大会(3月25日~28日開催/福島県)で活躍した5名の選手が加わった。

1月にメンバー発表の記事を掲載したが、ここでは、追加選出の選手を含めた男女各20名を紹介する。メンバーは以下の通り。

■ジュニアナショナルチーム(U19)

※丸数字は学年。掲載順は日本協会の発表による (所属と学年は4月現在)

【男子】

高校選抜で男子シングルス準優勝を果たした田中市之介(瓊浦高③)がU19初選出。身長は158センチと小柄だが、持ち前のスピードとねばり強さでライバルたちを打ち破る

後藤拓人(浪岡高③・青森)

田中市之介(瓊浦高③・長崎)

井上翔太(埼玉栄高③・埼玉)

野口翔平(埼玉栄高③・埼玉)

森口航士朗(埼玉栄高③・埼玉)

武井凜生(ふたば未来学園高③・福島)

吉田 翼(ふたば未来学園高③・福島)

井上誠也(埼玉栄高②・埼玉)

大垣空也(埼玉栄高②・埼玉)

大田隼也(高岡第一高②・富山)

佐々木大樹(高岡第一高②・富山)

川畑史吹(東大阪大柏原高②・大阪)

岩野滉也(ふたば未来学園高②・福島)

齋藤 駿(ふたば未来学園高②・福島)

今田竜大(青森山田高①・青森)

沖本優大(埼玉栄高①・埼玉)

角田洸介(埼玉栄高①・埼玉)

佐藤瑠活(東大阪大柏原高①・大阪)

関根翔太(ふたば未来学園高①・福島)

谷岡大后(ふたば未来学園高①・福島)

新たにU19に加わった選抜王者の大田隼也(左)/佐々木大樹(高岡第一高②)。今年8月の地元インターハイに向けて、さらなる成長をめざす

【女子】

青森山田高2年の石川心菜(写真左)が追加選出。選抜では先輩・大澤陽奈(写真右)とのペアで選抜女王に。シングルスでもチームの核となる存在

大澤陽奈(青森山田高③・青森)

久湊菜々(岡崎城西高③・愛知)

舛木さくら(作新学院高③・栃木)

神山和奏(四天王寺高③・大阪)

杉山 薫(ふたば未来学園高③・福島)

水津愛美(柳井商工高③・山口)

永田萌恵(柳井商工高③・山口)

石川心菜(青森山田高②・青森)

遠藤心夏(青森山田高②・青森)

吉川天乃(倉敷中央高②・岡山)

室屋奏乃(九州国際大付高②・福岡)

猿川優香(八代白百合学園高②・熊本)

明地陽菜(柳井商工高②・山口)

金廣真季(柳井商工高②・山口)

岩戸和音(青森山田高①・青森)

曽雌玲那(青森山田高①・青森)

遠藤美羽(作新学院高①・栃木)

石岡空来(ふたば未来学園高①・福島)

山北奈緒(ふたば未来学園高①・福島)

田口真彩(柳井商工高①・山口)

柳井商工高の新3年生・永田萌恵がU19入り。高校選抜では女子シングルスで同校の水津愛美と決勝を争い、敗れはしたが準優勝に輝いた

★U16メンバーはこちら

★U13メンバーはこちら

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BBM

投稿日:2021/04/20
■関連キーワード

      

人気記事ランキング