【バドマガ情報】特別企画『実業団選手から高校生指導者へ』4月号のココに注目!<5>

3月22日(月)にバドミントン・マガジン4月号が発売されました! 今回も特集や企画の内容などを、数回に分けて詳しく紹介していきます。担当編集者による”取材メモ”もありますので、購入時の参考にしてください!

<特別企画>
実業団選手から高校の指導者へ
見える景色が変わっても−−。

近年では、トップアスリートとして活躍した選手のセカンドキャリアなどに目が向けられています。バドミントンの場合は、チームの監督、コーチ、マネジャーとして残る選手もいますが、多くの選手は引退後に所属企業で仕事に専念したり、結婚や育児で家庭に入るのが一般的です。

そんな中でも、今回は実業団から高校の指導者に転身した元トップ選手にクローズアップ。教員をめざしたきっかけや経緯、また高校生を指導する方針やこれからの目標などを語ってもらいました!

<担当者の一口メモ>

今回は4名の高校生指導者に話を聞いています。特別対談として登場いただいたのは、NTT東日本でプレーした山口公洋氏(乙訓高教諭)と、元日本代表でリオ五輪混合ダブルス8強の数野健太氏(比叡山高教諭)。小学生時代からともに同じチームの先輩・後輩として全国大会で活躍し、その後も実業団チームで結果を残した2人に、高校生の指導者となってからの苦労話や取り組みについて語ってもらっています。

また、数野氏と同じく比叡山高で指導する元全日本総合男子ダブルス王者の仲尾修一氏、そして女子の実業団チームの名門・三洋電機から、母校・星陵高の指導者となった村松瑞穂氏にも、実業団選手から高校指導者の道を選んだきっかけや、指導方針などについてお話してもらいました。

表紙をクリックすると購入ページに移動します

Amazon

楽天BOOKS

スポーツクリック

定期購読(定期割)

ベースボール・マガジン社 販売部
(0120‐911‐410)

投稿日:2021/03/30

人気記事ランキング