【大会情報】スイスOP出場選手の関係者に陽性反応。濃厚接触者の選手が棄権扱いに

3月2日、BWF(世界バドミントン連盟は)、2日に開幕したBWFワールドツアー・スイスOP(Super300/バーゼル)に出場する選手の関係者の中から、新型コロナウイルスの陽性反応が出たことにより、濃厚接触者と判断された選手を棄権扱いにしたことを発表した。

2021年シーズンのワールドツアー開幕戦となったスイスOPには、ヨーロッパを中心にインドネシア、韓国、タイ、インドのアジア選手らが参戦している。開幕前日の3月1日には、大会に出場する選手・スタッフらを対象にPCR検査を実施。翌2日に女子シングルスに出場予定だったブルガリアのマリヤ・ミツォワの関係者に陽性反応が示された。これにより、ミツォワは濃厚接触者と判断され、大会は棄権扱いに。同選手の棄権にともない、女子シングルスの本戦にはハンガリー選手の繰り上がり出場が決まった。

文/バドミントン・マガジン編集部

投稿日:2021/03/03
■関連キーワード

               

人気記事ランキング