【全英OP2021】各種目の組み合わせが決定!

3月17日から21日まで開催されるヨネックス全英OP(Super1000/バーミンガム)の組み合わせが、2月23日に発表された。Super1000などの上位大会は、1月に開催されたタイOP2大会、WTファイナルズ2020以来となり、ヨーロッパ選手らを中心としたトップランカーが参戦する。

昨年は男子ダブルスの遠藤大由/渡辺勇大、女子ダブルスの福島由紀/廣田彩花が初優勝を飾った伝統の大会だが、今回はアジアから日本代表のほか、インドネシア、マレーシア、インドのトップ選手が出場を予定。新型コロナウイルスの影響などにより、中国はエントリーの時点で出場を見送り、韓国や台湾、タイのトップ選手たちは途中で出場を取り下げている。

昨年は男子ダブルスの遠藤大由(右)/渡辺勇大が同種目日本初となる優勝を飾った
女子ダブルスは福島由紀(右)/廣田彩花が全英初優勝
2019年は男子シングルスの桃田賢斗が、日本選手として同種目初優勝を達成

全英OP2020のダイジェスト一覧はこちら

全英OP2019のダイジェスト一覧はこちら

また、全英OPの1週間前に開催予定だったドイツOP(Super300)は、新型コロナの感染状況を鑑み、2月11日に開催中止を発表している。

日本選手の全英OP組み合わせは以下の通り。

【男子シングルス】

桃田賢斗 – カシャップ・パルパリ(インド)

常山幹太 − トビー・ペンティ(イングランド)

西本拳太 – ラスムス・ゲンケ(デンマーク)

渡邉航貴 – ビクター・アクセルセン(デンマーク)

【女子シングルス】

山口茜 − 齊雪霏(フランス)

髙橋沙也加 – アイリス・ワン(アメリカ)

大堀彩 − リーネ・フォウマーク・カエスフェルト(デンマーク)

奥原希望 – ユリア・ダワール・ヤコブセン(デンマーク)

【男子ダブルス】

園田啓悟/嘉村健士 – ローリッツェン/ムールホルム(デンマーク)

保木卓朗/小林優吾 − 古賀輝/齋藤太一

遠藤大由/渡辺勇大 – C・グリムリー/M・グリムリー(スコットランド)

【女子ダブルス】

福島由紀/廣田彩花 – ハートリッチ/エフラー(ドイツ)

志田千陽/松山奈未 – 櫻本絢子/髙畑祐紀子

松本麻佑/永原和可那 – ソロー/フィンイプセン(デンマーク)

【混合ダブルス】

金子祐樹/松友美佐紀 – ランキレッディ/ポンナッパ(インド)

保木卓朗/松山奈未 – タンKM/ライPJ(マレーシア)

渡辺勇大/東野有紗 – ラバー/トラン(フランス)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2021/02/24
■関連キーワード

                     

人気記事ランキング