【世界ランキング】昨年3月以来の更新!アクセルセンが2位に浮上!<男女シングルス>

2月2日、BWF(世界バドミントン連盟)が発表する世界ランキングが更新された。新型コロナウイルスの感染拡大により、国際大会が延期・中止となったことを受け、BWFは昨年3月31日に同ランキングを一時凍結することを発表(順位・ポイントは3月17日付で凍結)。また、同10月には凍結期間中に開催された大会のポイントは、解除後に反映することも発表していた。

各種大会が中止となるなか、昨年は11月に世界トップランカーも参戦したデンマークOP(Super750)を実施。そのほか、ヨーロッパではザーロールクスOP(ドイツ/Super100)やラトビア国際などが開催されており、これらの結果と今年1月に行なわれたヨネックスタイOPトヨタタイOP(ともにSuper1000)、そしてワールドツアーファイナルズのポイントを反映したのが、今回発表されたランキングとなる。

日本や中国といった強豪国がタイOP、WTファイナルズに参加できなかったため、各種目の上位陣にも変動があった。ここでは、男女シングルスのランキングについて紹介する。

【男子シングルス】

男子シングルスの順位はこちら

1月の上位大会3連戦を欠場した桃田賢斗だが、更新されたランキングでも唯一の10万ポイント超えで首位をキープした。

タイOP2連続優勝、WTファイナルズ準優勝のビクター・アクセルセン(デンマーク/上写真)が、2ランクアップの2位に浮上。WTファイナルズで初優勝を飾ったアンダース・アントンセン(デンマーク)を逆転した。同国のライバルのポイント差は、わずか1616ポイントだ。

続く4位は、3連戦でベスト4の成績を残したものの、デンマーク2選手に抜かれて2ランクダウンとなった周天成(チョウ・ティエンチェン/台湾)。5位はアンソニー・S・ギンティン(インドネシア)、諶龍(チェン・ロン/中国)と続く。WTファイナルズで準決勝まで勝ち上がった王子維(ワン・ツーウェイ/台湾)は、4ランクアップの9位に浮上した。

3大会に出場して高ポイントを加算した王子維

日本勢は常山幹太が2ランクダウンの14位に後退し、15位の西本拳太と並ぶ形に。2人のポイント差は1892ポイントと僅差だ。また、日本選手の4番手は、A代表をキープした渡邉航貴(41位)。以下、B代表の奈良岡功大が45位、全日本総合8強の下農走が99位で続く。

【女子シングルス】

女子シングルスの順位はこちら

WTファイナルズ優勝の戴資穎(タイ・ツーイン/台湾/上写真)が首位をキープ。男子シングルスの桃田と同様、唯一の10万ポイント超えと独走態勢だ。

タイOP2連戦で優勝を飾り、WTファイナルズでは準優勝だったキャロリーナ・マリーン(スペイン)が、2ランクアップの3位。2019年1月に右ヒザに大ケガを負ったリオ五輪の女王が、復帰後初となるトップ3入りを果たした。また、2位の陳雨菲(チェン・ユーフェイ/中国)にも、665ポイント差まで詰めている。

マリーンの浮上にともない、タイ遠征に参加できなかった奥原希望と山口茜が、それぞれ4位、5位と一つずつ順位を落とした。WTファイナルズの予選リーグでマリーンを倒した韓国の新エース、アン・セヨンは、2ランクアップの8位に浮上してきたのも見逃せない。

タイOP2連戦でもベスト4に入ったアン・セヨン

年明けの大会で結果を残した選手では、ポンパウィ・チョチュウォン(タイ)が3ランクアップの11位、ミア・ブリックフェルト(デンマーク)が4ランクアップで12位と、それぞれ順位を上げている。そのあおりを受ける形で、髙橋沙也加が3ランクダウンの14位と後退した。そのほかの日本勢は、B代表の大堀彩が20位、川上紗恵奈が49位、仁平菜月が56位に位置している。

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2021/02/04

人気記事ランキング