【バドマガ動画】競技力向上のためのヨガエクササイズ「三角のポーズと応用」

心身のリフレッシュやストレッチ効果があり、競技者にとってもメリットが大きいヨガ。バドミントン・マガジン2020年12月号および2021年1月号では、ヨガを競技力向上に役立てることを提案。その効果と実践方法について特集しました。

実際にバドミントンプレーヤー向けのヨガエクササイズを、ヨガインストラクターの露木めぐみ先生に提案していただきました。バド×スピ!では、エクササイズの動画を公開中です。

エクササイズ「三角のポーズと応用」

「三角のポーズ」は、体幹をコントロールすることに加え、腰回りのストレッチ効果もあります。股関節の動きがうまくいかないと姿勢が安定せず、気持ちよくポーズに入れません。安定しないままポーズに入ってしまうと、股関節が落ち着かず、また柔軟性に任せすぎてもヒザが伸びたままでポーズをとることになります。その回避策として、目線は下へ向けず体幹はコントロールしたまま、ヒザから足首をさわることを目的にしながら感覚を頼りに3回を目安に身体を倒して準備してみましょう。

指導&実演/露木めぐみ

文/バドミントン・マガジン編集部

投稿日:2021/01/28

人気記事ランキング