【全日本総合2020】「相手のディフェンス力、ラリー力にやられてしまった」(田中)準決勝/選手コメント-10

12月26日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)5日目は、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの準決勝が行なわれている。ここでは、男子シングルスを戦った選手のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

田中湧士(日本大)

準決勝結果:桃田賢斗(NTT東日本)に0-2で敗戦

普通にラリーしても勝てないのはわかっているので、最初から速い展開に持っていって慌てさせるというか、そういうところで少しでも点数につながればと思ってやっていました。でも、最後は我慢しきれずに、こちらがミスをしてしまった。相手のディフェンス力、ラリー力にやられてしまった感じです。

自分のスピードは、少しは通用したのかなと思います。ただ、そこがよくても、こちらがいいところに打てないと相手は動いてもいないというか‥‥。スピードだけでなく、コントロール力もつけていかないといけないと思います。

一番すごいなと感じたのは、ロビングですね。一番後ろから打たされることが多かったですし、タイミング、タメて打つなど、いろんな球があるなと感じました。

今年1年は初めてナショナルでやらせてもらって、ストロークだったり、ショットの正確さ、決めきる力を伸ばしていこうと思って取り組んできました。その手応えは…少しだけあったかなと思います。

来年は、大学界で1位に居続けることはもちろんですが、社会人も含めた中でもトッププレーヤーになれるようにもっと上達して、世界で戦えるようにしていきたいです。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2020/12/26
■関連キーワード

               

人気記事ランキング