【全日本総合2020】「自分たちが今持っているものを全力で、全部出せるようにしたい」(松友)準決勝/選手コメント-9

12月26日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)5日目は、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの準決勝が行なわれている。ここでは、混合ダブルスを戦ったペアのコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

金子祐樹(左)/松友美佐紀
(日本ユニシス)

準決勝結果:西川裕次郎/尾﨑沙織(NTT東日本)に2-0で勝利

金子 今日はやっと気持ちと体がかみ合ったというか、試合を通していいプレーを出し続けられたかなと思います。相手の男子選手はコントロールもよく、攻撃力もあるので、やりたいように球出しをさせないようにというのは思っていて。相手のやりたいようにさせる回数を少なくできたのかなと思います。今日みたいなプレーや勝ち方を最低限していかないといけないと思うので、1回戦から戦ってきて、ここが成長したというのはまだないのかなと。

今大会に限らず、海外の大会で組んでいた時もそうですが、松友さんは終盤に点数がほしいときに、2、3点いい仕掛けをして点数を取ってくれたりとか、男子選手の強い球に対しての読みだったりとかはすごいなと思っています。

明日の決勝は全日本総合という舞台ですけど、相手は世界のトッププレーヤーなので、そこにしっかりチャレンジしていけるように頑張ります。

松友 昨日よりはいい試合ができたかなと思います。全体を通して、常に自分たちが仕掛けていこう、攻めていこうというのができた。それが試合の中でも、だんだんよくなってきたところかなと思います。1試合ずつ、少しずつよくなっている。明日も試合ができるので、自分たちが今持っているものを全力で、全部出せるようにしたいなと思います。1球でも多く、2人でいいラリーができるように頑張ります。

私が前で勝負していって、勝てるようになっていければ、もっともっと強くなっていけると思う。金子にもっと気持ちよくプレーしてもらうためにも、私が前でもっともっと勝負していかないといけないなと思います。

西川裕次郎(右)/尾﨑沙織
(NTT東日本)

準決勝結果:金子祐樹/松友美佐紀(日本ユニシス)に2-0で勝利

西川 自分が中途半端に球を上げてしまったり、自分が待ってしまって、尾﨑が前で勝負できないことが多かったです。また、簡単なミスで点差が一気に離されてしまったのも、もったいなかったなと思います。自分がいい展開をつくれていないので、相手がやりやすいようにしてしまった。今日は相手というよりは、自分の球出しが悪かったです。

金子/松友ペアとは初対戦でしたが、やっぱり強いですね。松友さんのサービスまわりが浮いてこないし、回転もかかっているので打ちにくい。金子さんもサービスがうまいし、サービスまわりでとまどいました。そこで自分たちが引いてしまったのも反省点です。

1、2回戦は自分たちの形を確認しながら勝てたけど、今日強い選手とやって、こういう試合になった。もっと考えてやっていかないと、このレベルでは戦っていけないと実感しました。

尾﨑 昨日も相手の試合を見て、準備もしたのですが、コートに立ったらうまくかみ合わないことが多かったです。相手はうまく後ろを突いたり、私たちの足が止まってしまうような球出しがうまかった。そこでもうちょっとお互いに思いきりいけたら、よかったのかなと思います。

課題が多く見つかった試合でした。松友さんは前衛で抜かれない球や、ネット前の勝負もうまい。男子の強い球に対しても、ドライブとかで強く返せますし、金子先輩は身長が高いので上から打つ球も角度があるし、カバー力もある。そこは自分たちよりも上かなと感じました。

1、2回戦は絶対に勝たないといけない試合に勝てて、内容も私個人としてはレシーブや、前衛に入って勝負するなどそれなりにできた部分はありました。ただ、今日まだまだなところがたくさんあったので、そこはしっかり練習して次は勝てるようにしたいです。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/26
■関連キーワード

                     

人気記事ランキング