【全日本総合2020】「出るからには優勝が目標。連覇というよりも優勝がしたいです」(松本)準決勝/選手コメント-6

12月26日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)5日目は、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの準決勝が行なわれている。ここでは、女子ダブルスを戦ったペアのコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

松本麻佑(左)/永原和可那
(北都銀行)

準決勝結果:櫻本/髙畑(ヨネックス)に2-0で勝利

松本 相手のねばりにミスをすることもありましたが、攻めてのミスなので気にせず、次の一本を取りにいく意識でした。競っても追い抜かれることや、相手にリードを許す局面があまりなく、最後まで自分たちのペースを貫けたのは明日に向けてプラス。試合を重ねるごとに、自分たちのペースが上がってきていると感じます。今回は試したいプレーがあり、たとえばレシーブからの攻撃パターンなどですが、それを少しずつ出せていますね。もちろん、出るからには優勝が目標。連覇というより優勝したいです。

永原 今日の自分は力が入りすぎ、特に後半は相手を見てのレシーブができず、思うようなプレーではなかったんですが、松本が冷静にプレーしてくれて助けられました。今日は自分のプレーができなかったんですが、形自体は徐々によくなっているので、明日の決勝はそういうことのないようにしたいです。連覇は意識せず、楽しくプレーできれば。

 

櫻本絢子(右)/髙畑祐紀子
(ヨネックス)

準決勝結果:松本麻佑/永原和可那(北都銀行)に0-2で敗戦

櫻本 昨日から今日、どういう球が通じて、通じないのか、すごく楽しみでした。実際にやってみて、感覚的には悪くなかったのですが、世界トップレベルの相手なので、ポイントにつながらないことが多かったです。こちらがいいパターンを作っても、そこからフィニッシュにいけないのが力の差だなと感じました。

よかったのは、後ろからの打ち分け。1ゲーム目は、ひたすら打ってしまう部分が多かったのですが、2ゲーム目からは、ドロップやクリアーで相手を揺さぶって崩せた部分もあったので、そこは少し自信になりました。ただ、それをもっと早い段階でやれていればよかったかなと思います。

松本/永原ペアとは何度も対戦していて、最近は連敗していました。試合をするのは、2019年の全英OP以来。その時は受け身になりすぎて、返すのに必死でしたが、今日は自分たちが攻撃で決めていけた部分もありました。守りから攻めに持っていくパターンも出せたので、その時に比べたら成長を感じました。

今年はすごく優勝したい気持ちで臨んだ大会。去年の壁を乗り越えられたのは自信にもなりましたが、ここからの壁が、また高いなと感じています。今回対戦して課題が見つかったので、次は勝てるように頑張りたいです。

髙畑  相手は攻守ともに、すごく安定しているペア。その中で、私が前でなかなかチャンスを作っていけなくて、終始、櫻本さんの球頼みのような感じになってしまいました。それにどうしても、私たちが横並びになること多くて…。私は身長も低いので、もっといろんな技術だったり、精度を上げていかないと、世界で戦っていくのはまだまだ難しい。自分たちが攻めるための球作りや、私でも決めきれる力……タッチの速さや、いろんな球を打って崩していけるようにしないといけないと感じました。

今大会では、去年越えられなかった壁を越えられたのは、すごくよかったかなと思います。でもやっぱり、まだまだな部分が多いです。これからも上のペアとたくさん対戦していくと思うので、次はしっかり勝てるように頑張っていくしかないと思っています。

取材・構成/楊順行、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/26
■関連キーワード

                     

人気記事ランキング