【全日本総合2020】「僕は負けても失うものはない。自分のプレーを出し切りたい」(常山)準決勝/選手コメント-5

12月26日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)5日目は、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの準決勝が行なわれている。ここでは、男子シングルスを戦った選手のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

常山幹太
(トナミ運輸)

準決勝結果:古賀穂(NTT東日本)に2-0で勝利

これまで(全日本総合では)ベスト4が5回あって、今回、はじめて決勝に進めました。少しホッとした気持ちと、まだ満足していない気持ちがあります。明日の決勝はどういう雰囲気かわかりませんが、緊張するとは思います。でも、僕は負けても失うものはないので、しっかり自分のプレーを出し切っていきたい。(桃田選手は)今大会どんどん調子を上げてきているなと思いますし、日に日に精度が高まっているという印象がありますね。

明日は絶対に長い試合になると思うので、自分からミスせず我慢をして、チャンスがあれば攻めていく。また、しっかり守るときは守ってと、自分のプレーを出し切るように頑張りたいです。

古賀穂(NTT東日本)

準決勝結果:常山幹太に0-2で敗戦

悔しいです、本当に。昨日勝って、これまでずっと練習してきたことを自信に変えて試合に挑んだんですけど、ここまで力の差があると……まだまだだなと思いました。相手はしっかり勝ちきるというか、連戦でもパフォーマンスが下がらない。自分は動き的には悪くなかったと思うけれど、最後の方は体力的にもきつかったです。最後の最後で、決めるショットだったり、あと一本拾うとか、そういったところでちょっとしたミスがあった。駆け引きも含めて、そこを突き詰めていきたいと思います。

同い年の常山選手とは、大学3年の時、2017年の総合以来の対戦でした。その時も負けましたが、今回の方がボコボコにされたので、まだまだですね。向こうの方がA代表として活動していろんな経験をしているので、連戦の戦い方が上手だなと感じました。

今大会の自己評価としては…50点ですね。成果もあり、課題もありという感じだったので。来年以降、しっかり勝ちきれるように、この経験を生かしていきたいです。

取材・構成/吉井信行、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/26
■関連キーワード

               

人気記事ランキング