【全日本総合2020】「ねばってねばって、相手がミスをするまでやることを目標にしたい」(山下)25日/選手コメント-14

12月25日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)4日目は5種目の準々決勝が行なわれた。ここでは、混合ダブルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

山下恭平(右)/篠谷菜留
(日本体育大/NTT東日本)

2回戦結果:保木卓朗/松山奈未(トナミ運輸/再春館製薬所)に2-1で勝利

山下 相手はそれぞれA代表の選手で格上。ミックスでは自分たちが上という思いは、まったくなかったです。自分たちから向かっていこうと思っていて、泥くさく、自分たちからミスをせずにやれたのがよかったと思います。ファイナルゲームも競ったのですが、相手はハーフ球が強かったので、中盤からコートを大きく使おうと戦い方を変えたのがうまくいきました。

準決勝は渡辺/東野ペア(日本ユニシス)。自分たちからミスをしていたら大敗してしまうと思うので、自分たちからミスをすることなく、ねばってねばって、相手がミスをするまでやることを目標にしていきたいです。

※篠谷は試合後、ケアのためコメントはなし

渡辺勇大/東野有紗
(日本ユニシス)

準々決勝結果:三橋健也/松田蒼(日本ユニシス)に2-0で勝利

渡辺 今日は、もう少しドライブとかで駆け引きがあると予想してました。先輩が思いきって前で勝負して沈めていたので、僕はかなり楽に上から多彩なショットを打つことができたと思います。(東野が)前で決めきるところまで運んでくれていたので、フルスマッシュだけではなくて、ハーフスマッシュで先輩に前に突っ込んでもらうというのが非常に、今日はできていた。すごく楽に、体力を温存してゲームを終始進めることができました。

(高校時代のペアである三橋との対戦は)そこまで感慨深いものはありませんが、同年代として切磋琢磨して、一緒になって成長していければ。今回は準々決勝ですけど、準決勝や決勝という舞台で同世代と戦うのを楽しみにしています。明日はどちらのペアが相手になっても長いラリーが増えると思うので、長いラリーになっても我慢強く、ミスがないようにラリーを展開して泥臭くでも勝ちたいなと思います。

東野 今日の相手の女子選手もスピードがあって、前衛を得意としている選手。そこで自分が負けないように、ちょっとでも上から取って相手にプレッシャーを与える、というのを意識してコートに入りました。ここまで2試合とも楽しめていて、徐々に相手も強くなっています。そこは気を引き締めて、また2人で楽しんでいけたらいいと思います。

(同チーム対決が続いていることに)難しさはあまりないのですが、相手を知るからこそ自分が意識しなければいけないところは明確になる。緊張はするんですけど、ちゃんと自分が考えてコートに入れば、今日みたいな展開になると思っています。(準決勝に向けて)自分はいつも一緒で、相手の前衛に負けない、勇大くんにどれだけ楽をさせて打たせて、自分が決めるかという展開作りをしっかりできるように意識してやっていきたいです。

取材・構成/吉井信行、バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2020/12/26

人気記事ランキング