【全日本総合2020】「やっぱり世界のトップと戦えるようになりたいと思ってる」(松友)25日/選手コメント-15

12月25日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)4日目は5種目の準々決勝が行なわれた。ここでは、混合ダブルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

金子祐樹/松友美佐紀(右)
(日本ユニシス)

準々決勝結果:浦井唯行/宮浦玲奈(丸杉/ヨネックス)の2-0で勝利

金子 今日の試合は、1ゲーム目も2ゲーム目も、ともに中盤でリードしていましたが、そこで簡単なミスで追いつかれてしまった。そこは反省して明日(準決勝)、頑張りたいと思います。(2ゲーム目終盤に追いつかれた場面は)まじかよって思いました(苦笑)。試合を通して、相手のよさを出させないように意識はしていたんですけど、取られているときはどうしても相手に合わせてしまっていました。相手のよさを出してしまっていたので、そこはもう1回意識し直そうと思いました。

(今大会、実戦だからこそつかめている感覚は?)試合では毎回違う相手と対戦するので、その選手たちに対応していくなかで、新しい自分たちの形をつくっていければいいかなと思います。明日は勝って決勝に進めるように頑張りたいと思います。

松友 今日は、ちょっと相手に合わせてしまった部分がたくさんあったので、明日はもっとしっかり準備してやりたいなと思います。もちろん毎日、反省していることはありますけど、大会も3日目なので、初日よりは硬さは取れてきたのかなと思います。

(今大会チャレンジしていること)とにかく日本での試合に2人で出るのも初めてですし、これから戦っていくにあたって、1試合でも多く試合ができたらと思っています。また、これまで半年以上準備してきた時間があるので、今大会でそれを一つでも多く出せたらと思います。(代表入りに前進)そうですね。やっぱり世界のトップと戦えるようになりたいと思っています。

浦井唯行/宮浦玲奈
(丸杉/ヨネックス)

準々決勝結果:金子祐樹/松友美佐紀(日本ユニシス)に0-2で敗退

浦井 強い選手は勝負所で強いので、出だしで一気にいきたかったんですけど、逆に出だしでいかれて。点差がないときついなと思っていたんですけど、2ゲーム目もシーソーだったので、やはりきつかったですね。今回、試合前に 2人であまり調整ができなかったんですけど、その中でも、試合の中で調整していけるような実力がないと厳しいなと思いました。

相手は個々の力が強い。その中でもローテーションをうまく崩せればよかったんですけど……そういうところもうまかったですね。今大会のミックスダブルスの自己評価としても、試合前に調整ができなかったこともあり、あまりよくなかったですね。でも、宮浦は最後、よくなってきたよね。

宮浦 1ゲーム目、松友さんとの勝負の中でも、最初は頭を下げてしまう展開が多かったのですが、後半からしっかりさわることができて。自分の前衛の仕事をやらなきゃという中で、やれたのはよかったのかなと思います。また、出だしで、左利きの金子さんのスマッシュの球筋にびっくりしてしまって、全然取れなかったんですけど、後半レシーブはできてきました。ただ、慣れるのが遅かったのかなという反省点はあります。もっと早く慣れれば、引かずに前でさわれていたのかなというのはあります。

松友さんと金子さんがミックスをやると決めてから短い時間の中で、もちろんプレッシャーもありながら、そういうのを跳ね返して、勝負して勝ってきている。経験が違うなと感じました。

取材・構成/吉井信行、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2020/12/26
■関連キーワード

                     

人気記事ランキング