【全日本総合2020】古賀&齋藤が準決勝進出!上位候補が順当にベスト4へ!<準々決勝ダイジェスト-3>

12月25日に開催された第74回全日本総合(東京・町田市立総合体育館)4日目は、5種目の準々決勝が行なわれた。ベスト4進出が日本A・B代表の選考にも関わってくるだけに、どの選手にとっても負けられない戦い。ここでは、男子ダブルスのダイジェストを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

【男子ダブルス】

男子ダブルスは、四つ角シードのA代表4ペアが準決勝進出。

その中で最後にベスト4進出を決めたのが、古賀輝/齋藤太一(NTT東日本/上写真右)。元気よく声を出しながら、躍動感いっぱいのプレーを披露。若きB代表、岡村洋輝/小野寺雅之(日本ユニシス/早稲田大)との接戦を2−0で制した。

古賀/齋藤と準決勝で対するのが、第1シードの遠藤大由/渡辺勇大(日本ユニシス)だ。朝一番に竹内義憲/松居圭一郎(日立情報通信エンジニアリング)と対戦。「一撃があってドライブから詰めるのがとても速いペアで、高さだけだとやられてしまう。低いロブを使っていこうと思っていた」(遠藤)と相手を冷静に分析し、21-11、21-11で勝利した。

第2シードの園田啓悟/嘉村健士(トナミ運輸)は、珍しいサウスポーペアの金子祐樹/川本拓真(日本ユニシス)に快勝した。前日の2回戦で同じチームの後輩ペアを倒している2人を、スピードとラリーの組み立てで圧倒。「プレーどうこうよりも勝ちを意識して、自分たちならこういう点数で勝てるんだぞと」(嘉村)と先輩らしい指導を込めた戦いを見せた。

園田/嘉村への挑戦権を得たのは、もう一つの後輩ペア保木卓朗/小林優吾(トナミ運輸/上写真・右)。井上拓斗/三橋健也(日本ユニシス)との対戦は、「井上選手とは一緒にA代表でやってきた。前衛のプレーヤーということで、自分が前衛の戦いを制さないといけないと思ってコートに入った」(保木)と気合十分。後衛を得意とするサウスポーの小林が次々と強打を決め、最後の一本も浅い位置から小林が相手コートに叩き込んだ。まさに「ホキコバ」らしい戦いでストレート勝利。「去年はケガの影響で出られないという残念な結果。今年はという気持ちで1年間取り組んできた。明日はいままで練習してきたことをぶつけるだけです」(小林)と決勝進出をねらう。

準々決勝

遠藤大由/渡辺勇大(日本ユニシス)②〔21-11、21-11〕0●竹内義憲/松居圭一郎(日立情報通信エンジニアリング)

古賀輝/齋藤太一(NTT東日本)②〔22-20、21-18〕0●岡村洋輝/小野寺雅之(日本ユニシス/早稲田大)

保木卓朗/小林優吾(トナミ運輸)②〔21-15、21-19〕0●井上拓斗/三橋健也(日本ユニシス)

園田啓悟/嘉村健士(トナミ運輸)②〔21-10、21-12〕0●金子祐樹/川本拓真(日本ユニシス)

▼準決勝の対戦カード

遠藤大由/渡辺勇大 − 古賀輝/齋藤太一

園田啓悟/嘉村健士 − 保木卓朗/小林優吾

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/25
■関連キーワード

                        

人気記事ランキング