【全日本総合2020】「2人のコンビネーションで戦えるようになった」(西川)24日/選手コメント-13

12月24日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)3日目は5種目の2回戦が行なわれた。ここでは混合ダブルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

西川裕次郎(手前)/尾﨑沙織
(NTT東日本)

2回戦結果:小林晃/小野菜保(ジェイテクト/再春館製薬所)に2-0で勝利

西川 ミックスは“かけている”というか、ここで勝ちたいので、緊張はしたけど、シャトルの感覚をつかみながらやれました。尾﨑が前でしっかり作ってくれたので、いい形でできたと思います。

去年ナショナルに選んでいただき、これまで試合はそんなに出られていませんが、代表合宿に参加できたことでいろんなことを学ぶことができました。去年は一人ひとりの力でやっている感じでしたが、ペアとしてのローテーションを磨いて、2人のコンビネーションで戦えるようになったので、今大会は教わったことを意識しながらやっていきたいです。

尾﨑 ミックスとしては最初の試合で、結構緊張したんですけど、足を動かしていけたのでよかったです。この一年は、2人で攻めの形を作っていくなど、いろいろなことに取り組んできました。やっぱり代表に入ったからには結果を残していかないといけない。やってきたことをしっかり出して、ここで結果を残せるように頑張りたいです。

緑川大輝/齋藤夏
(ACT SAIKYO)

2回戦結果:金子祐樹/松友美佐紀(日本ユニシス)に1-2で敗戦

緑川 1ゲーム目は自分たちの得意としているプレー、前に落としたり、相手のイヤな所を突いて、主導権を握っている感じがありました。でも、そこに相手が慣れてきたときに、どうしていいかわからなくなってしまった。金子先輩がサービスがうまくて、後手に回ることが多かったです。

(2回戦敗退について)総合はみんな強いので…。でも今回、いい経験ができたかなと思います。ある程度、自分たちのレベルがわかってきた。反省する部分は多いですけど、よかったところもあったので、また頑張るだけです。

齋藤 私たちはサービスまわりが得意なほうなのですが、金子先輩のサービスまわりのうまさにやられてしまった感じがあります。1ゲーム目は自分たちからいけて、こちらが攻めることが多かったのですが…。1ゲーム目を取れたのは、よい収穫だったかなと思います。もっと自分たちが攻めるための組み立て、レパートリーを増やしていきたいです。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2020/12/25
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング