【全日本総合2020】山口茜、奥原希望らがストレート勝利で2回戦に進出!<2日目ダイジェスト-3>

12月23日に開催された第74回全日本総合(東京・町田市立総合体育館)2日目は、男子シングルス、女子シングルス、混合ダブルスの3種目1回戦が行なわれた。前日の男子・女子ダブルスに引き続き、大会2日目もシード選手らが順当に勝利を飾るなど、好スタートを切っている。ここでは、女子シングルスのダイジェストを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

【女子シングルス】

大会2日目の最終種目となった女子シングルスで、一番最初に登場したのは第1シードの山口茜(再春館製薬所)。「1ゲーム序盤からしっかり試合に入れるように意識しました」と集中力を高め、大学生の上杉杏(明治大)を相手に、いつもの落ち着いたプレーを披露。この日最短の25分でストレート勝利を収めた。

試合後は、「特に1ゲーム目は序盤で点差が開いたこともあり、一つひとつのショットを確認しながら…。奥まで飛ばしたり、入れるということを意識してやれた」(山口)と、明日以降も見据えたコメント。24日の2回戦の相手は、昨年と同じ郡司莉子(八代白百合学園高)。来春から再春館製薬所に入る後輩に、どんなプレーを見せてくれるのか。「あまり意識せずに戦いたいと思います」(山口)とのことだが、見る側として意識せずにはいられないカードだ。

今年こそ悲願の初優勝を果たしたい、A代表の大堀彩(トナミ運輸)。初戦の相手は大学女王の香山未帆(筑波大)。安定したフォームでコートを動き回る難敵を、力強いショットで圧倒して、21−16、21−15で勝利した。

この日、最後にコートに入ったのは、昨年優勝の奥原希望(太陽ホールディングス)。10月のデンマークOP以来、2カ月ぶりの実戦となるが「初戦の内容は悪くなかったと思います。私の中では、動きもリズムも悪くなかった」と奥原。スピード感あふれるフットワークで相手をほんろうし、2-0のストレート勝利で2回戦にコマを進めた。

試合後、昨年との違いについて聞かれると「動きのスピードや安定感は、去年から大きく違うと思います。去年の準決勝までのパフォーマンスというのは、けっこう自分でモヤモヤしてやっていたので、今日は去年に比べて自分の納得するプレーは出せた」(奥原)。期待のかかる2連覇に対しては「あまり先は意識せず、自分らしいプレーを(ファンに)届けることを意識したい」と語っている。

大会3日目の24日は、10時試合開始予定。全5種目の2回戦が行なわれる。

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/23
■関連キーワード

                     

人気記事ランキング