【全日本総合2020】「最後は勢いでなんとか乗りきれた」(岡村)22日/選手コメント-1

12月22日(火)に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)初日は、男子ダブルス、女子ダブルスの2種目が実施された。ここでは、男子ダブルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

【選手コメント】

遠藤大由(右)/渡辺勇大
(日本ユニシス)

1回戦結果:藤巻嵩寛/早川竣(稲荷山養護学校教職員/長野養護学校教職員)に2-0で勝利

渡辺 緊張しました。それが結構大きかったです。試合の緊張感と練習の緊張感は違うので、試合の緊張感をしっかり感じたコートになったと思います。(コロナの自粛期間中は)自宅でどうにかしないといけない時があったので、自分で工夫しながらできたと思いますし、マイナス面はなかったかなと思います。その中で成長した部分は、筋量がついたので、フィジカル的に伸びていると思います。(久々の試合については)楽しいというのはなかったですね。緊張がまさった感じ。試合で勝てたというのが、よかったことだと思います。

遠藤 緊張がすごかったイメージしかないです。(コロナの自粛期間中は)課題をしっかり取り組んだので、マイナスではなかった。今回は3月の試合(全英OP)が終わってから、取り組んできたことができているのかどうかを確かめる大会。また、この大会で新しい課題がみつかれば、と思います。(具体的に取り組んだことは)前に入るタイミングなど、いろいろやってきました。それが合っているかどうかを確認したいと思います。できているかどうかは別ですけど、今日やっている感じだと、まだまだですね。

岡村洋輝(左)小野寺雅之
(日本ユニシス/早稲田大)

1回戦結果:霜上雄一/三上楓(日立情報通信エンジニアリング/三菱自動車京都)に2-0で勝利

岡村 本当に久々の試合で緊張しました。思った通りに動けず、ミスが増えてしまいました。でも、最後は2人で話し合って、勢いでなんとか乗りきれたのでよかったです。個人的には、大会がない間にフィジカルが強くなったかなと思います。去年はベスト4だったので、今年もそこまではいきたい。そこまで上がれば、同じチームの遠藤大由/渡辺勇大ペアとやれるので、先輩方を相手にどれだけできるか挑戦したいです。

小野寺 楽しみたい気持ちもありましたが、いざ試合になったら緊張して足がガチガチで、あまり動けていなかったです。個人的には、フィジカルやレシーブの強化に取り組んできました。まだまだですが、以前よりは少しよくなった手応えはあります。今大会の目標は最低でもベスト4。2回戦、準々決勝も気持ちよく勝てるように、まずは2回戦をしっかり勝ちたいです。

高野将斗/玉手勝輝
(日立情報通信エンジニアリング)

1回戦結果:河村翼/杉本一樹(日本体育大)に2-0で勝利

高野 約1年ぶりの試合だったので緊張したんですけど、しっかり自分たちのプレーができればというのありました。しっかり勝ちにつなげられてよかったかなと思います。今年はB代表に入れて、早川賢一コーチにいろいろなアドバイスをもらって、気づきが多かった。そういったものを日々、意識して課題に取り組んできました。

去年から慢性的に足首の痛みなどがあったのですが、2月末に手術をしてリハビリや治療ができて、今は、状態は万全です。今年の総合は、去年のベスト8という結果を上回ることを目標にしています。A代表をひとつでも食えるようにと思っています。

玉手 緊張はあったのですが、初戦がすごく大事だと思っていました。相手は学生でしたが、自分たちもしっかり向かっていく気持ちを持って入ったのがよかったかなと思います。今年は試合がなくて、チームやB代表合宿など練習の時間が多かったのですが、そこでレシーブを強化しようという話をして、やってきました。

去年のベスト8を超えられるようにというのが目標ですが、先を見すぎず、一戦一戦しっかり戦っていきたいです。

山下恭平/山田尚輝
(日本体育大)

1回戦結果:高階知也/竹内宏気(SMASH SPIRIT/丸杉Bluvic)に2-0で勝利

山下 緊張はまったくしませんでした。1回戦から経験豊富なペアとの対戦だったので、入りからしっかり自分たちのプレーをしようと話し合って、2人で最後まで我慢できたので、そこがよかったと思います。

山田 緊張はしましたね。実力のある選手との対戦だったので、最初から向かっていく気持ちでプレーして、最後まで戦い抜けたのがよかったかなと思います。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/22

人気記事ランキング