【全日本総合2020】松本&永原が連覇に向けて好発進!上位候補ペアも順当に2回戦に進出!

バドミントン日本一を決める第74回全日本総合選手権が、12月22日(火)に開幕した。今年は東京の町田市立総合体育館を舞台に、12月27日(日)の決勝まで熱戦が展開される。大会初日の22日は男女ダブルス1回戦を実施。ここでは女子ダブルスのダイジェストをお伝えする。

トーナメント表はこちら

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

【女子ダブルス】

男子ダブルスに続いて行なわれた女子ダブルス。こちらも16試合中、ファイナルゲームはわずか1試合だった。

前回の総合で初優勝を飾った松本麻佑(上写真・奥)/永原和可那(北都銀行)は、1回戦で教職員ペアと対戦。第1ゲームを10本で制すると、第2ゲームも16本に抑えて初戦を突破した。松本/永原は試合後、「観客の方がいて試合をするという環境が普通だったので、それがないのは寂しい部分もあります。でも、YouTubeを見てくれている方もいると思うので、その方々に向けて…」(松本)、「応援してくださっている方の顔を思い浮かべながら、それをしっかり力に変えて頑張っていけたらいいなと思います。こういう状況で大会を開催できたのはありがたいことなので、大事にしていきたいです」(永原)とコメント。観客がいない寂しさを感じつつ、試合ができることへの感謝を口にした。

A代表組の福島由紀(上写真・手前)/廣田彩花(丸杉Bluvic)は、社会人ペアを2-0で下して2回戦に進出。高校生ペアと対戦した志田千陽/松山奈未(再春館製薬所)も、26分のスピード決着で勝利をつかみ、2回戦にコマを進めている。

B代表の櫻本絢子/髙畑祐紀子(ヨネックス)、星千智/松田蒼(日本ユニシス)、大竹望月/髙橋美優(日本ユニシス/青森山田高)も2回戦に進出。大竹/髙橋は、女子ダブルス唯一のファイナルゲームを19本で勝ちきった。

第3シードに入っている米元小春(上写真・手前)/田中志穂(北都銀行)が復帰戦で勝利。2019年8月の世界選手権の試合中、米元が左足アキレス腱断裂。それ以来、1年4カ月ぶりの実戦だった。

「昨年の総合の時期は私はまだ走る練習をしていて、雲の上の大会だったというか…。また2人で一緒にコートに立てて、うれしかったです。止まった時間をやっと戻せたのかなという、喜びの気持ちです」(米元)、「公式戦に戻ってくることが目標だったので、2人で一緒に戻ってこられてうれしいです」(田中)と、充実の表情で話した。

大会2日目の23日は午前10時より、混合ダブルス、男女シングルス1回戦が行なわれる。

取材/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2020/12/22

人気記事ランキング