【バドマガ情報】高校男子交流大会の熱戦をレポート! 12月号のココに注目!<5>

11月20日(金)にバドミントン・マガジン12月号が発売されました! 今回も企画の内容などを、数回に分けて詳しく紹介していきます。各ページの担当編集者による”一口メモ”もありますので、購入時の参考にしてください!

<特別レポート>
ALL JAPAN Badminton高校選抜大会
レポート&サイドストーリー

12チームの頂点に立った埼玉栄(写真は5戦4勝の活躍をみせた1年生の井上誠也〈左〉/大垣空也)

10月17日、18日の2日間に渡り開催された『2020 ALL JAPAN Badminton高校選抜~大切なものを取り戻そう~』(大阪府・東大阪大柏原高体育館)。このイベントは、男子チームの指導者たちが中心となって企画した団体戦の交流大会。昨年のインターハイを制した聖ウルスラ学院英智(宮城)や、同3位のふたば未来学園(福島)、東大阪大柏原(大阪)、名門・埼玉栄(埼玉)など各地から強豪9校(12チーム)が参加し、全国トップレベルの白熱した戦いを繰り広げました。

バド×スピ!でも連日、ダイジェストや結果をお伝えしましたが(フォトギャラリーもあります)、12月号では、その模様をカラーページとモノクロページに渡ってレポート。カラーページでは、優勝争いを演じた上位4校の戦いぶりを紹介。モノクロページでは、5位~8位に入ったチームと、今大会のサイドストーリーなどをお届けしています。

4月に合同合宿を予定していたチームが参加した

そこでクローズアップしているのは、今大会に参戦した3人の3年生と、コロナ禍で7月には豪雨に見舞われた熊本の名門・八代東。3人の3年生は、全国大会の代替大会として企画された8月の全国高校交流試合の舞台に立てなかった選手たちでした。どんな思いで今大会のコートに立ったのか。チームを背負って戦う最後の団体戦で熱いプレーを見せた3人の戦いにも、ぜひご注目ください。

また、八代東も、夏の大会には参加できず、県外での大会は昨年12月の九州選抜以来だったといいます。目標としていた大会が次々となくなり、バドミントンができない中でも、「マイナスばかりではなかった」と八代東の権藤浩二監督。今大会の出場に至るまでの道のりや、参加して感じたことなどを語っていただきました。

気になる今大会の対戦成績もすべて掲載。3月の高校選抜に向けて、それぞれが大きな経験を積んだ高校男子の戦いを、ぜひ誌面でチェックしてください!

担当者の一口メモ

今大会は学年の制限は設けられておらず、わずかですが3年生も参加。ただ、だからといって不満の声を聞くことはなく、むしろ、3年生と戦えていい経験になったという前向きな声を聞くことができました。公式戦ではないですが、選手たちの戦う姿勢は“本番”そのもの。久々の緊張感や、試合ができる喜びを感じながら、仲間のために全力で戦う姿がありました。

日程や会場などの都合もあり、すべてのチームが理想的なメンバーで臨めたわけではありません。それでも、来春の高校選抜に向けて、それぞれが課題や収穫を見つけられた貴重な大会になったのは間違いないでしょう。

次の1月号(12月22日発売予定)では、11月21日、22日に福岡で開催された女子の高校選抜大会を詳しくレポートする予定です。こちらもぜひ、チェックしてくださいね。

Amazon

楽天BOOKS

スポーツクリック

定期購読(定期割)

ベースボール・マガジン社 販売部
(0120‐911‐410)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/江見洋子

 

投稿日:2020/11/24

人気記事ランキング