【日本中学生フェスティバル】関根&江田が団体戦のリベンジを果たす!<男子ダブルス>

日本中学生バドミントンフェスティバル〜Remember2020(福島県ふたば未来学園中・高校)は7日、最終日を迎え、個人戦各種目の準決勝と決勝が行なわれた。ここでは、男子ダブルスのダイジェストをお伝えする。

※本イベントは、全国大会の代替として企画された『日本中学生バドミントンフェスティバル〜Remember 2020〜(会場・栃木県大田原市)』が開催4日前に急遽中止になったことに伴い、規模縮小と会場変更をしながら実施された交流会。

※主催者インタビューはこちら

【男子ダブルス】

優勝を果たした関根翔太(左)/江田和博(ふたば未来学園)

ダブルス決勝は、団体・シングルスと同じく埼玉栄とふたば未来学園のライバル対決に。関根翔太(左)/江田和博(ふたば未来学園3年)は川崎聖矢/熊木凌也(埼玉栄)を、野口駿平/角田洸介(埼玉栄中3年)は三本菅弘憲/阿部学斗(ふたば未来学園中3年)をともにストレートで下して決勝へとコマを進めた。

団体戦の決勝で戦ったエースペア対決。その戦いに敗れた関根/江田が、個人戦でリベンジを果たした。2人は序盤から積極的に攻撃を仕掛けて第1ゲームを13本で奪うと、第2ゲームは終盤の競り合いをものにして勝利。最後は江田がプッシュを突き指し、2人はコートに倒れ込んで喜びを爆発させた。

準優勝となった野口駿平(左)/角田洸介(埼玉栄)

▼準決勝(8月7日)

野口駿平/角田洸介(埼玉栄)②〔21−17、21−15〕0●三本菅弘憲/阿部学斗(ふたば未来学園)

関根翔太/江田和博(ふたば未来学園)②〔21−10、21−9〕0●川崎聖矢/熊木凌也(埼玉栄)

▼決勝(8月7日)

関根翔太/江田和博②〔21−13、21−18〕0●野口駿平/角田洸介

【優勝コメント】

関根翔太(左・ふたば未来学園中3年)

「(優勝を決めた瞬間の気持ちは)最高です! 団体戦で負けて、個人戦では絶対に倒すぞと思って気持ちを切り替えました。自分たちらしい攻撃もできましたし、試合中、笑って、楽しくできた。これが目標だったのでよかったです。江田とは1年生から組んでいて、これまでうまくいかないこともあったけど、最後に組む試合をしっかり楽しんでできたのでよかったです」

江田和博(右・ふたば未来学園中3年)

「優勝した瞬間は、一気にうれしさがこみ上げて涙が出てきて…。団体では自分たちのプレーがあまり出せなかった。でも個人戦では向かっていけました。前衛の自分がしっかり前に詰めていけたのがよかったです。2人のいいところは、コミュニケーションをしっかり取れるところ。決勝も関根に励ましてもらって、勇気が持てました。こういう大きなところでの優勝は初めて。小学生時代の恩師・胡山喬コーチにも恩返しができたかなと思います」

男子ダブルスの入賞ペア

★個人戦の最終結果はこちら

★個人戦のフォトギャラリーはこちら(

★フェスティバルの熱戦の模様は、8月21日(金)発売の『バドミントン・マガジン』9月号でも紹介します。

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳、黒崎雅久

 


投稿日:2020/08/07

人気記事ランキング