【日本中学生フェスティバル】石岡空来がストレート勝ちで頂点に!<女子シングルス>

日本中学生バドミントンフェスティバル〜Remember2020(福島県ふたば未来学園中・高校)は7日、最終日を迎え、個人戦各種目の準決勝と決勝が行なわれた。ここでは、女子シングルスのダイジェストをお伝えする。

※本イベントは、全国大会の代替として企画された『日本中学生バドミントンフェスティバル〜Remember 2020〜(会場・栃木県大田原市)』が開催4日前に急遽中止になったことに伴い、規模縮小と会場変更をしながら実施された交流会。

※主催者インタビューはこちら

【女子シングルス】

優勝を果たした石岡空来(ふたば未来学園)

女子シングルス決勝は、第1シードの石岡空来(ふたば未来学園中3年)と、第2シードの遠藤美羽(栃木3年)が対戦。ジュニアナショナルメンバー同士の戦いを制して頂点に立ったのは、第1シードの石岡だった。

石岡は、準決勝で遠藤のチームメートでナショナルメンバーでもある曽雌玲那(栃木3年)に対し、気迫のプレーでストレート勝利。対する遠藤は、2年生の高津愛花(埼玉栄)を2-0で退けて勝ち上がった。

決勝戦の第1ゲームは一進一退の展開で進み、21-17で石岡が先取。第2ゲームに入っても集中力を切らさずラリーを奪う石岡が、徐々に点差を広げていく。遠藤は前のシャトルに足が出なくなり、ネットミスが続いたのも痛かった。最後は浅くなったシャトルを石岡が全力で叩きこみ、歓喜の絶叫とガッツポーズ。団体戦から調子が上がらず苦しんだ強豪校の主将は、一礼してコートを出ると、タオルで顔を覆って喜びに浸った。

準優勝となった遠藤美羽(栃木)

▼準決勝(8月7日)

石岡空来(ふたば未来学園)②〔21−9、21−10〕0●曽雌玲那(栃木)

遠藤美羽(栃木)②〔21−18、21−19〕0●高津愛花(埼玉栄)

▼決勝(8月7日)

石岡空来②〔21−17、21−11〕0●遠藤美羽

【優勝コメント】

「団体戦からの悪い流れ、自分の殻を破れないプレーについて、齋藤(亘)先生に『もう覚悟を決めてやりなさい』といわれました。勝ち負けも大事だけど、自分はこういう姿でいたい、最後は笑顔で終わりたいという気持ちを出して、それで結果がついてくればいいと思ってやりました。個人戦は、自分の力を全部出しきれてうれしいです」

ベスト4に入った選手たち。左から、高津、曽雌、遠藤、石岡

★個人戦の最終結果はこちら

★個人戦のフォトギャラリーはこちら(

★フェスティバルの熱戦の模様は、8月21日(金)発売の『バドミントン・マガジン』9月号でも紹介します。

文/平田美穂

写真/菅原淳、黒崎雅久


投稿日:2020/08/07

人気記事ランキング