【バドマガ情報】俺のバド論「常山幹太のクリアー論」7月号のココに注目!<7>

6月22日(月)にバドミントン・マガジン7月号が発売されました。今月も、特集企画や特別企画の内容などを、数回に分けて詳しく紹介していきます。各ページの担当編集者による“一口メモ”もありますので、購入の参考にしてください!

<7月号>
俺のバド論
常山幹太のクリアー論

日本トップ選手のプレーに対する考え方や技術論について迫る「俺のバド論」。今月号では、男子シングルス日本代表の常山幹太選手(トナミ運輸)に登場いただき、クリアーについての考え方をお聞きしています。守備的なショットとして使われることが多いクリアーですが、常山選手は試合でどのように活用しているのか。ぜひ、チェックしてください!

担当者の一言

優れたラリー力を持つ常山選手が選んだショットは、自身の生命線ともいえるクリアーです。「得意なショットでクリアーを選ぶのは、きっと僕ぐらいじゃないですか?」と話すほど、クリアーの使い方を考えながらプレーをしているそうです。「僕の場合、いかに攻撃的にクリアーを使うかが大事になってくる。クリアーは守備で使うと思っている人も多いですけど、使い方を知るとプレーの幅は結構広がりますよ」という常山選手のクリアー論。シングルス選手はしっかり読み込んで、練習や試合に生かしてください!

バドミントン・マガジン7月号

Amazon

楽天BOOKS

スポーツクリック

定期購読定期割

ベースボール・マガジン社 販売部
(0120‐911‐410)

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2020/06/28
■関連キーワード

      

人気記事ランキング