【バドマガ情報】バドミントン難問クイズ&楽しく鍛えるバドすごろく!6月号のココに注目!<3>

5月22日(金)にバドミントン・マガジン6月号が発売されました! 今月も、最新号の特集企画や特別企画の内容などを、数回に分けて詳しく紹介していきます。各ページの担当編集者による“一口メモ”もありますので、購入の参考にしてください!

<特別企画>
バドリビアの泉&バドすごろく

今月号のバドミントン・マガジンは、いつもと趣向を変えた企画を盛り込んでいます。それがバドミントン“クイズ”と“すごろく”です。バドミントンの知識・雑学を増やすことを目的とした『バドリビアの泉』では、競技に関するクイズを多数出題しています。マニアックな問題が多いのですが、過去のバドマガやインターネットなどで調べると、答えが見つかります(今月号にもたくさんのヒントや答えがありますよ!)。公式記録や正しい情報がどこに掲載されているのかを探す機会にもなるので、ぜひチャレンジしてみてください!

カラーページで紹介しているのは、遊びながら強くなる『バドミントンすごろく』です。いろいろなイベントやトレーニングをこなしながら、世界のトップをめざしていきます。多くのマスには“筋トレ”の課題があるので、ゴールするころには、ほどよい疲労感が残るはずです。子供から大人まで、1人でも2人以上でも遊べる内容となっています。こちらもチャレンジしてみてください!

担当者の一言

「家でも楽しくトレーニングができないかなー」と思って考えたのが、バドすごろくです。マスに書かれたトレーニングに取り組みながらゴールへ向かっていきますが、イベントの結果によっては進んでいくストーリーも少し変わってきます。ジュニア&中学編、高校&日本代表編の2つのテーマをクリアして、トップをめざしていきましょう! バドリビアの泉では、皆さんのバドミントンの知識を試す内容にもなっています。どれも簡単な問題ではありませんが、バドミントンの歴史や過去の名選手などを知る機会にもなるので、若い皆さんも正解をめざして考えてみてください。

【お詫びと訂正】

『バドリビアの泉』の問題・解答に間違いがありました。P61大会クイズ(⑫)の解答は「山口茜」選手です。また、問題文の中にある初制覇を飾った年は「2013年」となります。お詫びして訂正いたします。

■購入先

バドマガ6月号についてはこちら

Amazon

楽天BOOKS

スポーツクリック

定期購読定期割

ベースボール・マガジン社 販売部
(0120‐911‐410)

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2020/05/23
■関連キーワード

               

人気記事ランキング