【全英OP2020】「相手が崩れる状況を作れなかった(山口)」<準々決勝コメント-3>

3月13日に開催されたBWFワールドツアー・ヨネックス全英OP(バーミンガム/Super1000)3日目は、各種目の準々決勝が行なわれた。ここでは、試合を終えた選手らのコメントを紹介しよう。

記事・コメントの一覧はこちら

東京五輪前最後のビッグタイトル
全英オープン2020 CSテレ朝チャンネル2で
1回戦から決勝まで連日放送!!

バナーをクリックすると放送予定が確認できます!

山口茜
準々決勝:キャロリーナ・マリーン(スペイン)に0−2で敗戦

山口 守備としては、よくできていたと思います。そこから、相手に打たせないような球出しや、相手が待っているところには打たない配球もできたと思いますが、ラリーが攻撃につなげられず、相手にプレッシャーがかかりませんでしたし、相手が崩れる状況を作れませんでした。

自分のやり方の問題でもありますし、相手のスピードが速くて対応できない分もありますが、今日は完敗です。(今後の大会中止について)自分たちではどうすることもできないですし、やることをやらなきゃいけないし、目の前の一戦を頑張るというのは変わらなかったです。

ずっと劣勢でしたけど、いつもより頑張る気持ちを見せようと思っていました。中止になる大会もありますけど、外に出られなかったり、やりたいことをやれなかったりという人のほうが多い中、大会をできているのは、すごく幸せなこと。それを、楽しめたらなとは思っていました。大変な人も多くいると思うので、頑張る姿を見せられたらなと思ってやっていました。

取材/平野貴也

構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2020/03/14

人気記事ランキング