【全英OP2020】「2ゲーム目から相手のスピードが上がって、緩急を使えなくなった(松本)」<コメント-1>

3月13日に開催されたBWFワールドツアー・ヨネックス全英OP(バーミンガム/Super1000)3日目は、各種目の準々決勝が行なわれた。ここでは、試合を終えた選手らのコメントを紹介しよう。

記事・コメントの一覧はこちら

東京五輪前最後のビッグタイトル
全英オープン2020 CSテレ朝チャンネル2で
1回戦から決勝まで連日放送!!

バナーをクリックすると放送予定が確認できます!

松本麻佑/永原和可那
準々決勝:李茵暉/杜玥(中国)に1−2で逆転負け

松本 1ゲーム目は強打をあまり打ちませんでしたが、それがうまくいったと思います。相手を見て、前に落としたり、後ろを使ったりとスペースを使えていました。ただ、2ゲーム目から相手のスピードが上がって、緩急を使えなくなった。1ゲーム目の展開を続けられれば勝ちが見えてくると思いますが、少し早くなると中国のペアには分が悪いのかな、というところは課題。強化していきたいです。

永原 2ゲーム目までは、長いラリーの中で自分たちから先に仕掛けてのミス。終盤は、相手に打ちやすい球を打たせてしまっての失点になってしまいました。もう少し我慢勝負をモノにできないと、勝つことができないのかなと思います。五輪レース中のSuper1000で一度もベスト4に入れなかったのは悔しいですし、そういう意味で大きな負けだと思っています。

取材/平野貴也 構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2020/03/14

人気記事ランキング