【全英OP2020】「私らしい試合が久々にできた(奥原)」<コメント-2>

3月13日に開催されたBWFワールドツアー・ヨネックス全英OP(バーミンガム/Super1000)3日目は、各種目の準々決勝が行なわれた。ここでは、試合を終えた選手らのコメントを紹介しよう。

記事・コメントの一覧はこちら

東京五輪前最後のビッグタイトル
全英オープン2020 CSテレ朝チャンネル2で
1回戦から決勝まで連日放送!!

バナーをクリックすると放送予定が確認できます!

奥原希望
準々決勝:プサルラ・V.シンドゥ(インド)に2−1で勝利!ベスト4進出!

奥原 シンドゥ選手には、世界選手権の決勝戦で圧倒され過ぎました。今日の第1ゲームは、あのときほど悪くなく、自分から仕掛けにいくときのミスなどが多かったので、点差ほど悪くないと感じました。その自分の感覚を信じました。点差を考えてマズイと思っていたら、負けていたと思います。ただ、動きが硬かったので、コーチからも指摘を受けて、第2ゲームからは長いラリーを意識して入りました。

自分のよさをベースに駆け引きをしたいと思っていたので、スピードを保ったままじっくりとラリーができ、私らしい試合が久々にできたと思います。(準決勝で対戦する)陳雨菲(チェン・ユーフェイ/中国)選手には最近、負けている試合が多いですが、そのあたりも意識せず、今日のように自分がやるべきことをやっていきたいです。

取材/平野貴也

構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2020/03/14

人気記事ランキング