【全英OP2020】「相手の強打がもし入っていたら危なかったし、ラッキーな部分が多くあった(遠藤)」<2日目:コメント-6>

3月12日に開催されたBWFワールドツアー・ヨネックス全英OP(バーミンガム/Super1000)2日目は、各種目の2回戦が行なわれた。ここでは、試合を終えた選手らのコメントを紹介しよう。

記事・コメントの一覧はこちら

東京五輪前最後のビッグタイトル
全英オープン2020 CSテレ朝チャンネル2で
1回戦から決勝まで連日放送!!

バナーをクリックすると放送予定が確認できます!

奥原希望
2回戦:リーネ・フォウマーク・カエスフェルト(デンマーク)に2−0で勝利!

奥原 相手の後ろからの強打が思ったよりも加速して、タイミングが合わずミスにつながってしまいました。1ゲーム目はあまり強打を打ってこなかったのですが、2ゲームは強打が多かったので、次の試合ではできるだけ早く対応したいです。明日(準々決勝)の相手(P・V.シンドゥ)で同じことをやると、確実に試合の流れを持っていかれるので注意したいです。(シンドゥに対しては)世界選手権の対戦から、コート内のスピードなどを磨いてきたので、やってきたことを出しきって、いい勝負ができればと思います。(五輪の出場権獲得が確実になったが)ほかの競技でも代表選手が決まってきていて、私も続くことができてうれしいです。

遠藤大由(左)/渡辺勇大
2回戦は李哲輝/楊博涵(台湾)に2−0で勝利!

遠藤 (ストレートでの勝利だが?)意外と紙一重だったと思います。相手の強打がもし入っていたら危なかったですし、ラッキーな部分が多くありました。(準々決勝はセティアワン/アッサン)もちろん勝ちにいきますが、まずは自分たちのプレーを出すことが前提なので、思いきってプレーしたいです。相手は低い展開が得意なので、そこを気をつけたいですし、特に連続ポイントを取られたときの対処は注意したいと思います。

渡辺 相手が振り回してくるイメージを持っていたので、うまくネット前に球を沈めていく部分は、今日はかなりよかったと思います。次は、最近勝っていない相手なので勝ちたい気持ちは強いですが、まずは自分たちのプレーをしたいです。相手は全部うまいですし、特に勝負所でのサービス周りは本当にうまい。仕方がないと思うことも大事なときがあるので、割り切るところは割り切って、勝負ができるところで勝負して、いかに得点を挙げられるかがポイントかなと思います。

取材/平野貴也 構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2020/03/13

人気記事ランキング