【全英OP2020】「久しぶりにこんなに悔しい思いをした(嘉村)」<2日目:コメント-5>

3月12日に開催されたBWFワールドツアー・ヨネックス全英OP(バーミンガム/Super1000)2日目は、各種目の2回戦が行なわれた。ここでは、試合を終えた選手らのコメントを紹介しよう。

記事・コメントの一覧はこちら

東京五輪前最後のビッグタイトル
全英オープン2020 CSテレ朝チャンネル2で
1回戦から決勝まで連日放送!!

バナーをクリックすると放送予定が確認できます!

園田啓悟(右)/嘉村健士
2回戦:イワノフ/ソゾノフ(ロシア)に1−2で敗戦

園田 1ゲーム目は、押しきられてしまいました。もっとレシーブ力を上げないといけないと思います。自分たちの形に持っていけませんでした。競り負けて悔しいです。

嘉村 久しぶりに、こんなに悔しい思いをしました。今日にかけてきた部分があり、練習したことが出せた部分もありましたが、もっとクオリティを上げないと。絶対に決められるという球を作らないといけないかなと思います。今後は、レシーブから展開するパターンもやっていきたいですが、あまり時間がないので、低空戦でもっと速い展開をできるようにしたいと思います。

保木卓朗/小林優吾
2回戦:セティアワン/アッサン(インドネシア)に1−2で敗戦

保木 1ゲーム目は自分たちから押していけましたが、2ゲーム目でサービス周りから球を沈められてしまいました。相手は、競った場面で弱点を突いてきますが、それは相手のスタイルに合わせてプレーができるから。自分たちはまだ攻撃のパターンしか持っていないので、そこは学んでいきたいです。

小林 今日はスマッシュが決まっていたので多めにはしましたが、以前よりはドロップやカットを混ぜて、相手も単純に上げればいいという形にはならずに、切り替えながらやっていた。その点は一歩前に進めたかなと思います。

取材/平野貴也 構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2020/03/13

人気記事ランキング