【連載】 My Grip~グリップのこだわり~Vol.19 金子真大(トナミ運輸)

My Grip

バドミントンにおいて、ラケットはプレーヤーの「手」と同じ役割を果たすといっていい。そのラケットのなかでも「グリップ」は、選手によってテープの素材や巻き方が異なり、独自性が出やすい部分だ。ここでは、トップ選手のグリップへの「こだわり」に迫る。

【連載】Vol.19 金子真大

(トナミ運輸)

かねこ・まひろ◎1999年12月10日、福岡県生まれ。両親の影響を受け名門・岡垣ジュニアで6歳から競技を始める。福島の富岡第一中では1年から久保田友之祐とペアを組み、中3の全中で複優勝。ふたば未来学園高ではJOC、選抜、IHを制し、シングルスでもIH3位などの好成績を残した。高校3年時には世界ジュニアのダブルスで優勝。日本男子複初となる偉業を成し遂げた。2018年に久保田とともにトナミ運輸に入社。18年全日本社会人複2位、19年日本ランキングサーキット複3位などの好成績を残している。168㎝65㎏。血液型B。日本B代表。

グリップの一番のこだわりは「細さ」!

――まず、ラケットのこだわりを教えてください。

いまのラケットは、使い始めて2年くらいかな。けっこう使って、慣れてきました。前衛の人が使うラケットで、振り抜きのよさを重視しています。

――グリップについて、一番のこだわりは?

細さですかね。もともと巻いてあるグリップをはがして木の状態にして、アンダーラップは薄く1周くらい巻くのが持ちやすいです。

――見た目がゴツゴツしていますね!

ほぼ木みたいな感じですよね(笑)。細いと握りやすくて、力が伝わる感じがあるんです。

金子選手が使用するラケットは、ヨネックスの『ASTROX 88 S』
グリップは細めが好みだという

――持たせていただくと、キャップの下がへこんでいるのがわかるくらい細い! そこに親指をひっかけて打つんですか?

そうですね。いつもはそんなに意識していないですけど、サービスのときは、そこに親指をかけて打ちます。

――前衛を得意とする選手としてのこだわりは、ありますか?

あるといえば、あります。シャフト部分まで長めに巻くのは、同じ前衛タイプの嘉村(健士)さんのマネです。嘉村さんは、もっと長いですけどね(笑)。高校までは、長く巻いたり短く巻いたり適当でしたけど、最近はこれがしっくり来ています。前衛にいるときは、短めに持つので。

――嘉村選手以外で、参考にした選手はいますか?

保木(卓朗)さんのグリップを参考にしていたときもありました。タオルタイプで短く巻く。保木さんはセンスがすごくて、なんでもできるんですよね。

グリップエンドの膨らみは「桃田先輩」のマネ

――巻いているのは、ウエットタイプですね。

タオルにしたこともありますけど、ウエットの方が多いかな。手汗をあまりかかないので。

――巻くときに気をつけているのは?

最近は、テープが重なる幅が5ミリぐらい。あまり重ねずに間をあけています。パートナーの久保田(友之祐)は間をあけなくて、自分も以前はそんな感じだったんですけど。こっちのほうが、意外と持ちやすかったです。

 ――グリップエンドは、少し膨らませていますね。

毎回こうしています。なんでなんだろう…、止まるからかな? そんなに気にしたことはないけど、誰かのを見てやったのかも……、あっ! 桃田(賢斗)先輩のマネをしました! 中学生くらいのときにやってみて、いいなと思ったんです。

――高校までは、シングルスとダブルスで変えていましたか?

シングルスで使うラケットは、タオルタイプでした。それも、桃田先輩がそうしていたからかもしれないです(笑)。シングルスの人って、ほとんどタオルですよね。

グリップエンドはアンダーラップを少し多めに巻いて膨らませている

巻き直すのは「秒」で終わる!

――巻き直す頻度は、どれくらいですか?

そこまでこだわりはなくて、汚くなったら巻き替えるという感じです。巻いたけどしっくりこないときは、早めに巻き替えたりして。あと試合前は、けっこう巻き替えるかな。

――久保田選手は時間をかけてじっくりと巻くそうですが、金子選手はどうですか?

「秒」で終わります(笑)! 久保田はこだわっているイメージがありますね。部屋もきれいにしているんですよ。自分は、適当なときは適当、キレイにしたいときはするという感じ。ただし、バドミントンに関する物は丁寧に扱うようにしています。

――色のこだわりは?

白か黄色です。ずっと白ですけど、たまに気分を変えて黄色。S/Jリーグのときは、先輩たちのオシャレを見習って(笑)、黄色でした。

――せっかくなので、久保田選手のラケットと並べて写真を撮りましょうか。

いいですよ。ぼくの方がきれいですね(笑)!

下が金子選手、上が久保田選手のラケット
グリップのこだわりについて、詳細に話してくれた
日本B代表として世界を転戦する金子(左)/久保田ペア。社会人3年目の2020年は、国内外の大会でこれまで以上の結果をめざす

★パートナー・久保田友之祐選手のグリップのこだわりは≫こちら

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部、平田美穂
写真/菅原 淳 


投稿日:2020/02/26
■関連キーワード

            

人気記事ランキング