【チャレンジL】豊田通商が優勝!男女ともにS/JリーグⅡ昇格が決定!<男子結果>

2月23日に開催されたS/Jリーグ2019/チャレンジリーグ(東京・立川市/柴崎市民体育館)最終日は、男子の順位決定戦が行なわれた。ここでは、男子の決勝トーナメント決勝戦のダイジェストをお伝えする。

16チームで争う男子1部のリーグ戦は、4チームで編成された各リーグの1位が決勝トーナメントに進出して優勝を争う。今季は、S/JリーグⅡ最下位チームとチャレンジリーグ優勝チームの入替戦が実施されないため、チャレンジリーグ優勝=S/JリーグⅡ昇格というビッグチャンスとなった。

年々レベルが上昇しているチャレンジリーグだが、その決勝戦に勝ち進んだのはS/JリーグⅡでの試合経験を持つトヨタ自動車九州と、リーグ戦から勢いよく勝ち上がってきた豊田通商。豊田通商は女子チームが前日のチャレンジリーグで優勝を飾っており、男女アベックでの優勝&昇格をねらっていた。

優勝に向けて譲れない第1ダブルスは、トヨタ自動車九州が先制する。原田和憲(上写真・右)/武生卓也が、豊田通商の福家匠麻/峰将大に対して2−0で勝利を飾り、S/JリーグⅡ復帰まであと1勝に迫った。しかし、シングルスに自信を持つ豊田通商も、すぐさま逆襲。「次につなげる気持ちで戦った」という清水智彦が、トヨタ自動車九州の小森洋佑を第1ゲーム21−10で抑えると、続く第2ゲームも「最後なのでとにかくやりきろう」(清水)と、追走する相手をしっかり振り切って21-16で制した。

シングルスで白星をつかんだ豊田通商の清水智彦。「リーグ戦のときからいろいろな人に助けてもらったので、このままじゃ終われない気持ちで戦いました」(清水)

1−1でまわってきた第2ダブルス。互いに負けられない勝負で、主導権を先に握ったのは豊田通商ペア。「自分たちにまわってきたら、とにかくガツガツやるしかない」と挑んだ北里元輝/吉村徳仁は、リーグで連勝した勢いをそのまま第1ゲームで発揮。21-12で折り返すと、続く第2ゲームも豊田通商が11-5とリードをつかんだ。

だが、負けられないトヨタ自動車九州の具志堅興平/春成星哉も、後半は速いドライブ展開をしのぎながら差を詰めて、17オールに追いつく。その後は互いにポイントを奪い合う緊張のラリーとなったが、最後に抜け出したのは北里/吉村。19オールから2連取して21-19で勝利。豊田通商がチャレンジL初優勝を飾り、S/JⅡ昇格を決めた。

優勝のポイントをあげた北里元輝/吉村徳仁(右)。第2ダブルスでまわった心境について「自分たちが負けたらチームも負ける状況で、怖い部分もありました。でも、みんなの勝ちたい気持ちが伝わってきたし、自分たちに回ってきてもいいように準備をしていた。それが勝因かなと思います」(吉村)
優勝の瞬間、コートになだれ込む豊田通商の選手たち。「引いたら負けだと思って、どんどん前に出ていこうと話しながら戦いました」(北里)

豊田通商・北村裕幸監督

「目標にはしていましたが、まさか男女で(S/JリーグⅡに)上がれるとは思わなかったです。いろいろな方々の支えがあっての優勝なので、本当に感謝していますし、うれしいです。去年はシングルスの清水に頼りきった部分もありましたが、第2ダブルスに入った北里/吉村が頑張ってくれたことで、清水の気持ちが少し楽になったのがよかったのかなと思います。S/JⅡ昇格を決めても、まだまだやらないといけない部分はたくさんあるので、まずはS/JⅡでどうやったら勝てるのかという課題をみつめて、そこからスタートしたいと思います」

トヨタ自動車九州・小出寿朗監督

「予選リーグは上位のチームにしっかり勝てたけど、決勝トーナメントに入ってからはチームが乗り切っているようで、乗り切っていなかった。決勝は豊田通商さんがムード的にも盛り上がっていたので、そこで押し切られてしまったかなと思います」

▼男子1部/1位・2位決定戦

豊田通商 2−1 トヨタ自動車九州

福家匠麻/峰将大●0〔18−21、16−21〕②原田和憲/武生卓也

清水智彦②〔21−10、21−16〕0●小森洋佑

北里元輝/吉村徳仁②〔21−12、21−19〕0●具志堅興平/春成星哉

男子優勝を飾った豊田通商

▼男子1部/3・4位決定戦

ウエンブレー 2−0 TEAM KANAGAWA

平川大貴/池田拓馬②〔20−22、21−13、21−18〕1●西村有貴/谷澤巧也

大平洸輝②〔21−13、21−9〕0●吉澤慎哉

ウエンブレー・酒井浩輔監督

「優勝をねらっていたので、3位という結果はやっぱり残念です。でも、チームの総合力は上がっていると思いますし、来季に向けての手応えもつかめました」

■男子1部順位

優勝:豊田通商

2位:トヨタ自動車九州

3位:ウエンブレー

4位:TEAM KANAGAWA

5位:Shuttle&Sons

6位:ジヤトコ

7位:日本製鉄

8位:JP日本郵政

9位:グッドウェーブ鹿児島

10位:トヨタ自動車

11位:タダノ

12位:北都銀行

13位:JFEプラントエンジ

14位:BC千葉

15位:ワタキューセイモア

16位:BWAY

 

■男子2部

1位:大和製衡

2位:VERTEX

3位:足立区役所

4位:でん六

5位:千葉県庁、JAちば東葛、東京消防庁、SUBARU

9位:JR東日本盛岡、YANG YANG

11位:ミズノ

12位:SSDS

13位:リオン

14位:愛知製鋼

15位:三菱重工下関、高知市役所、コニカミノルタ、警視庁

19位:新明和工業、三菱UFJ銀行

21位:勝山市役所

22位:豊田自動織機

23位:三菱電機姫路

24位:京都中央信用金庫

25位:日産自動車栃木、中国電力、三菱自動車水島

28位:Chemiway、Footwork、JR東日本仙台

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/川口洋邦


投稿日:2020/02/23
■関連キーワード

               

人気記事ランキング