【S/Jリーグ2019】北都銀行が2−0でアメリカンベイプ岐阜を下し3位に!<女子:3位決定戦>

JTB  S/Jリーグ2019』の優勝決定トーナメントであるトップ4トーナメントが、12月22日に富山県・東洋通信スポーツセンター(高岡市民体育館)で開催。トーナメント最終日は、男女ともに決勝戦と3位決定戦の2試合が行なわれた。ここでは男子の3位決定戦を争った日本ユニシスと日立情報通信エンジニアリングの戦いをダイジェストでお伝えする。

男子決勝戦はこちら

女子決勝戦はこちら

男子3位決定戦はこちら

【3位決定戦】

互いに準決勝で悔しい敗戦となった北都銀行とアメリカンベイプ岐阜の対戦。この結果が来季のS/Jリーグの組み合わせにも影響するだけに、両チームにとっては負けられない戦いとなった。

第1ダブルスは、北都銀行が永原和可那をベンチに下げて、田中志穂(上写真・左)/松本麻佑でポイントをねらいにいく。対するアメリカンベイプ岐阜は、ブロック最終戦のヨネックス戦で勝利を飾っているキム・ハナ/今井莉子をぶつけた。第1ゲーム、田中/松本が堅いレシーブから相手を崩して21-15としたが、第2ゲームはねばるキム/今井が16-17から20オールに持ち込み、さらに押し込んで22-20。ファイナル勝負に持ち込む。

この勢いをキープしたかったキム/今井だったが、最終ゲームに入ると経験豊富な田中/松本が一枚上手だった。「田中さんとは何回か組ませてもらっていたし、その中で、田中さんのプレーと私のプレーを互いに引き出せたと思います」と松本。後半は、相手の攻撃をシャットアウトしながらポイントを重ねて21-9。北都銀行が先制のポイントをつかんだ。

シングルスは、北都銀行のエースである川上紗恵奈(上写真)が登場。第1ゲームは川上が21-11でアメリカンベイプ岐阜の古川佳奈を圧倒したものの、第2ゲームは攻撃に押されてミスが増え、15-21。第1ダブルスに続き、シングルスもファイナルゲームに突入した。

古川のねばりに苦しんでいた川上だったが、最終ゲームはラリーをしっかり構築しながら得点を重ねて先行。後半に入ってもスピードを落とさなかった川上が、最後は21-11で勝利を飾り、北都銀行が2−0のストレートでアメリカンベイプ岐阜を下した。これにより、3位は北都銀行、4位は前季9位からの躍進を遂げたアメリカンベイプ岐阜となった。

▼3位決定戦

北都銀行 2−0 アメリカンベイプ岐阜

田中志穂/松本麻佑②〔21−15、20−22、21−9〕1●キム・ハナ/今井莉子

川上紗恵奈②〔21−11、15−21、21−11〕1●古川佳奈

浦谷夏未/小松ゆい(試合なし)福島由紀/廣田彩花

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/井出秀人


投稿日:2019/12/23
■関連キーワード

         

人気記事ランキング