【S/Jリーグ2019】トナミ運輸が地元で4連覇達成!NTT東日本との接戦を制す!<男子:決勝戦>

JTB  S/Jリーグ2019』の優勝決定トーナメントであるトップ4トーナメントが、12月22日に、富山県・東洋通信スポーツセンター(高岡市民体育館)で開催。トーナメント最終日は、男女ともに決勝戦と3位決定戦の2試合が行なわれた。ここでは、男子決勝を戦ったトナミ運輸とNTT東日本の戦いをダイジェストでお伝えする。

女子決勝戦はこちら

男子3位決定戦はこちら

女子3位決定戦はこちら

【男子決勝戦】

トナミ運輸とNTT東日本という昨年と同カードとなった男子決勝。地元でチーム史上2度目の4連覇に挑むトナミ運輸だったが、今季の中盤戦以降はケガ人を抱えてベストオーダーを組めずにいた。しかし、この大事な試合の第2ダブルスに、開幕戦以来出場のなかったキャプテン・嘉村健士を起用。園田啓悟/嘉村のエースペアが、優勝へ大きな役割を担った。

第1ダブルスでは、シングルスプレーヤーの常山幹太(上写真・右)が保木卓朗と組んで出場する。相手は星野翔平/西川裕次郎。急造ペアである保木/常山だが、「ミスをしないで、自分たちから積極的にしかけていったのがよかった」(保木)と、第1ゲームをわずか5本で奪う。星野/西川も第2ゲームはくらいついたが、試合の流れを取り戻すには遅すぎた。保木/常山が21-18で勝ってトナミ運輸が先勝。

シングルスでは、西本拳太がNTT東日本のエース・桃田賢斗と対峙した。西本は白星こそ奪えなかったものの、第2ゲームは23-21で競り勝つなど意地を見せ、第1ダブルスが生み出した流れが途切れることはなかった。

シングルスはファイナル勝負にもつれたが、NTT東日本の桃田賢斗(右)が勝利

そして、最後はトナミの大黒柱である園田/嘉村。嘉村は右肩のケガでスマッシュなどが思うように打てないような状況であったにも関わらず、優勝へ向けて気迫のこもったプレーを展開。古賀輝/齋藤太一に対して第1ゲームを18本で先制すると、第2ゲームは16-18のビハインドから4連続得点で一気に逆転。そのまま21-19で勝負を決め、トナミ運輸に4年連続の栄冠をもたらした。

準決勝は大事をとってベンチに入った嘉村健士(左)だが、決勝では園田啓悟との息のあった攻撃を展開して優勝ポイントをつかんだ

トナミ運輸の荒木純監督は「ケガ人が出てうまく進まないリーグ戦。選手たちもペアリングが変わるなど難しいプレーが求められたと思います。それに応えて優勝してくれたので、本当に選手たちには感謝しかありません」と、苦しかったリーグを戦い抜いた選手たちを称えた。

地元高岡のファンの前で見事4連覇を達成したトナミ運輸

▼決勝戦

トナミ運輸 2―1 NTT東日本

保木卓朗/常山幹太②〔21-5、21-18〕0●星野翔平/西川裕次郎

西本拳太●1〔14-21、23-21、13-21〕②桃田賢斗

園田啓悟/嘉村健士②〔21-18、21-19〕0●古賀輝/齋藤太一

※トナミ運輸は4年連続10回目の優勝

取材・文/吉井信行

写真/井出秀人


投稿日:2019/12/22

人気記事ランキング