【S/Jリーグ2019】日本ユニシスがアメリカンベイプ岐阜を2−0で退けて決勝へ!<女子準決勝-2>

JTB  S/Jリーグ2019』の優勝決定トーナメントであるトップ4トーナメントが、12月21日に、富山県・東洋通信スポーツセンター(高岡市民体育館)で開催。トーナメント初日となったこの日は、男女ともに準決勝の2試合が行なわれた。ここでは女子準決勝・日本ユニシスとアメリカンベイプ岐阜の戦いをダイジェストでお伝えする。

男子準決勝-1はこちら

男子準決勝-2はこちら

女子準決勝-1はこちら

【女子・準決勝-2】

2年ぶりの優勝をねらう日本ユニシスと、昨季9位から躍進のトップ4進出を果たしたアメリカンベイプ岐阜が対戦した。

第1ダブルスは、日本ユニシスの髙橋礼華/松友美佐紀と、アメリカンベイプ岐阜の福島由紀/廣田彩花の世界トップランカー対決が実現。「代表では一緒に練習していますし、(手の内は)わかっている相手」(髙橋)というペア同士の第1ゲームは、序盤から激しいラリーの応酬に。持ち味のスピード展開で攻撃を仕掛ける福島/廣田に対し、髙橋/松友も得意の形からポイントを奪うと、第1ゲームは髙橋/松友が21-19で先制する。第2ゲームに入っても、互いに主導権を譲らぬ展開。それでも「自分のリズムで攻めることがきた」(松友)という髙橋/松友が、21-16で福島/廣田を下し2−0で日本ユニシスが先制ポイントをつかむ。

接戦の展開を制した日本ユニシスの髙橋礼華(右)/松友美佐紀

シングルスは日本ユニシスが髙橋沙也加、アメリカンベイプ岐阜が鈴木温子で勝負に出ると、第1ゲームを先制したのは鈴木。前半で動きが鈍かった髙橋に対してスピードで押し込みリードを広げると、21-11で髙橋にプレッシャーをかける。しかし、ここで我慢強く耐え抜いたのが髙橋沙だった。「団体戦ではタカマツさんが勝った後、私が負けることが多かったのが頭をよぎりました。硬くなる場面もありましたが、中学・高校では富山県に育ててもらったので、最後は何がなんでも勝ちたい気持ちが強かった」と、第2ゲームを21-15で奪い返すと、ファイナルゲームも接戦を最後抜け出し21-18。アメリカンベイプ岐阜を力で押し切った日本ユニシスが2−0で勝利をつかみ、決勝進出を決めている。

第1ゲームを先制される苦しい展開から逆転勝ちした日本ユニシスの髙橋沙也加

▼準決勝

日本ユニシス(J1位)2−0アメリカンベイプ岐阜(S2位)

髙橋礼華/松友美佐紀②〔21−19、21−16〕0●福島由紀/廣田彩花

髙橋沙也加②〔11−21、21−15、21−18〕1●鈴木温子

星千智/東野有紗(試合なし)キム・ハナ/今井莉子

▼決勝

再春館製薬所 ― 日本ユニシス

▼3位決定戦

アメリカンベイプ岐阜 ― 北都銀行

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/井出秀人


投稿日:2019/12/22

人気記事ランキング