【S/Jリーグ2019】NTT東日本が2−0で快勝!2年連続で決勝に進出!<男子準決勝-2>

JTB  S/Jリーグ2019』の優勝決定トーナメントであるトップ4トーナメントが、12月21日に、富山県・東洋通信スポーツセンター(高岡市民体育館)で開催。トーナメント初日となったこの日は、男女ともに準決勝の2試合が行なわれた。ここでは男子準決勝・NTT東日本と日立情報通信エンジニアリングの戦いをダイジェストでお伝えする。

男子準決勝-1はこちら

女子準決勝-1はこちら

女子準決勝-2はこちら

【男子・準決勝-2】

Jブロック1位のNTT東日本は5年ぶりの頂点を、Sブロック2位の日立情報通信エンジニアリングは初優勝をめざして挑んだ準決勝。

NTT東日本は第1ダブルスに2020年の日本A代表に選出された古賀輝/齋藤太一(上写真・右)、シングルスはエースの桃田賢斗、第2ダブルスに星野翔平/西川裕次郎というベストオーダーを組む。対する日立情報通信エンジニアリングは、竹内義憲/松居圭一郎と高野将斗/玉手勝輝というダブルス2枚看板を軸に、シングルスにはベテランの丸尾亮太郎を据えた。

シングルスに桃田という絶対的な存在がいる以上、日立情報通信Eとしてはダブルス2本を取りたいこの試合。しかし、第1ダブルスで先制したのはNTT東日本だった。古賀/齋藤は第1ゲームでリードを許し、一時は11-16まで差を広げられた。それでも、地力に勝る古賀/齋藤は終盤にかけて点差を縮め、最後は21オールから抜け出した。これで勢いに乗った古賀/齋藤は「相手にしっかりした体勢で打たせないことを心がけたら、自分たちのペースがつかめるようになってきた」(齋藤)と、第2ゲームは竹内/松居を17本で振り切った。

優位に立ったNTT東日本は、「第1ダブルスが接戦をモノにしてくれて、チームにいい雰囲気があった」と、桃田が流れを受け継ぎ、丸尾に対して第1ゲームを13本。第2ゲームも相手に主導権を渡すことなく12本で完勝。単複エースが役割を果たしたNTT東日本が決勝進出を決めた。「NTT東日本チームが持てる力をすべて発揮できるように、明日に向けて準備するだけだと思っています」(NTT東日本・須賀隆弘監督)

▼準決勝

NTT東日本(J1位)2−0 日立情報通信エンジニアリング(S1位)

古賀輝/齋藤太一②〔23-21、21-17〕0●竹内義憲/松居圭一郎

桃田賢斗②〔21-13、21-12〕0●丸尾亮太郎

星野翔平/西川裕次郎〔試合なし〕高野将斗/玉手勝輝

2−0で快勝した桃田賢斗を迎えるNTT東日本。チームは2年連続で決勝に進出した
第1ゲーム20オールの接戦に持ち込んだ竹内/松居(左)だったが、ここでゲームを奪えず。第2ゲームもなかなか主導権をつかめずに敗戦

取材・文/吉井信行

写真/井出秀人


投稿日:2019/12/21

人気記事ランキング