【WTF2019】「相手の嫌がることをやってペースを崩そうと思った(松本)」<3日目:選手コメント-4>

12月13日にBWFワールドツアーファイナルズ2019(中国・広州)3日目が開催された。ここでは、予選リーグ第3戦を終えた選手たちのコメントを紹介する。

記事・コメント一覧はこちら

グループリーグをテレ朝chで放送!
放送予定はこちら!

【女子ダブルス】

松本麻佑(右)/永原和可那(2勝1敗)

予選リーグ第3戦:松本/永原は21−17、21−18で金昭英/孔熙容(韓国)に勝利!決勝トーナメント進出が決定!

松本「負けた後に試合をできることはあまりないのですが、引きずらずにイメージを高めて臨みました。いつもは、自分たちがやりたいプレーであるロングリターンを先行(優先)させて負けていたので、今日は、相手の嫌がることをやってペースを崩そうと思い、簡単に上げない展開を心がけました。もう、ここまで上がったら、前を向いて戦うしかないと思っています」

永原「昨日は2ゲーム目で勝ちが見えてからがよくなかったのですが、それまでのイメージを持ってブレないようにと思って試合をしました。昨日、自分が気持ちの部分で引いてしまって悔しかったので、最後まで押しつけようと。負けてしまえば(2位以上の可能性が消えて)終わる試合だったので、すべてをかける気持ちで、練った作戦を徹底して押しつけようと思いました」

【男子シングルス】

桃田賢斗(3勝0敗)

予選リーグ第3戦:桃田賢斗は21−14、21−14でジョナタン・クリスティ(インドネシア)に勝利!決勝トーナメント進出が決定!

桃田「昨日、すごく力が入って空回りをしてしまい、その反省を生かしてリラックスして試合に臨みました。ただ、昨日の疲れもあって、力を入れ過ぎる余力もなかったので、逆によかったかもしれません。疲れはありますが、5試合すべてがハイレベルということは事前にわかっていたことですし、みんな条件は同じ。準決勝は誰と当たっても厳しくなりますし、試合時間も長くなると思います。攻守ともにクオリティーも高くなるので、ミスをしないことが大事。海外選手のように、バンバン強打を打って決められるわけではないので、ポジショニングやタイミングでプレッシャーをかけていきたいです。目標は優勝ですが、先を見ずに臨みたいと思います。

取材/平野貴也 構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/12/13

人気記事ランキング