【WTF2019】「苦しい試合を乗り越えた分、思いきってやるだけだと思った(廣田)」<3日目:選手コメント-2>

12月13日にBWFワールドツアーファイナルズ2019(中国・広州)3日目が開催された。ここでは、予選リーグ第3戦を終えた選手たちのコメントを紹介する。

記事・コメント一覧はこちら

グループリーグをテレ朝chで放送!
放送予定はこちら!

【女子ダブルス】

福島由紀(左)/廣田彩花(3勝0敗)

予選リーグ第3戦:福島/廣田は21−10、21−13で陳清晨/賈一凡(中国)に勝利!決勝トーナメント進出が決定!

福島「相手よりも攻撃の形を多くつくれたし、リズムに乗せず戦うことができました。大きい展開を使えば、チャンスはあると思っていましたが、作戦がどうかというより、自分たちの力を最初から出していければいい、と考えていました。明日も厳しい試合になるとは思いますが、2人で楽しみながら頑張れたらいいと思います」

廣田「相手が福島先輩の前衛を嫌がっていると感じたので、自分が後衛で(左右に)振られても、チャンスがあると思って我慢しながら打ち続けました。第2ゲームは相手が前に出てきましたけど、その形を作らせずにできたと思います。昨日(相手のマッチポイントから逆転する)苦しい試合を乗り越えた分、思いきってやるだけだと思って臨みました」

取材/平野貴也 構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/12/13

人気記事ランキング