【WTF2019】「うまくいったり、やられたりが楽しい(奥原)」<3日目:選手コメント-1>

12月13日にBWFワールドツアーファイナルズ2019(中国・広州)3日目が開催された。ここでは、予選リーグ第3戦を終えた選手たちのコメントを紹介する。

記事・コメント一覧はこちら

グループリーグをテレ朝chで放送!
放送予定はこちら!

【女子シングルス】

奥原希望(3勝0敗)

予選リーグ第3戦:奥原は21−14、21−12でラチャノック・インタノン(タイ)に勝利!決勝トーナメント進出決定!

奥原「相手は昨日、戴資穎(台湾/タイ・ツーイン)選手とタフなゲームをしていて、絶対に疲れていると思いました。私も初日に対戦して、そのダメージが残っていたのですが、それをポジティブな情報として、相手の方がきついと思い、スピードをキープできればと思っていました。実際にキープできて、相手(の集中力)が途中で切れてくれました。

インタノン選手やプサルラ・V.シンドゥ(インド)選手、戴資穎選手は、同世代でリオ五輪以降も切磋琢磨してきています。毎回ハイレベルな試合ですが、今日は点数以上にいい試合。うまくいったり、やられたりが楽しいです。本当に楽しくプレーできているので、先のことは考えず、いまできることをやるだけ。今年最後の大会なので、自分らしく終わりたいです」

【混合ダブルス】

渡辺勇大(右)/東野有紗(3勝0敗)

予選リーグ第3戦:渡辺/東野は21−14、21−12でファイザル/ウィジャジャ(インドネシア)に勝利!決勝トーナメント進出決定!

渡辺「1ゲーム目の序盤は競りましたが、11点のインターバル後は優位な展開で進められました。大会を通じてコントロールがよく、風を利用しながら頭を使ってうまくプレーできていると思います。勝っていることが一番のプラス材料。1位通過は、モチベーションも上がります。このコンディションでいけば、優勝も見えてくると思います。

東野「相手の女子選手が大きく、ドライブを前でさわられてやられたので、レシーブで後衛の男子選手を振るようにしました。今大会は、全体的に自分たちのプレーが出せていますし、昨日もファイナルゲームになったところから作戦を立て直して勝てたのはよかったです。

昨年は、大会直前にミックスの練習ができず、自分の調子が悪かったこともあり、今日の相手と対戦したときに(連係などが)ぐちゃぐちゃでした。だから、(練習して臨んだ)今回はうまくコンビネーションを出せたと思います。チームでの練習では前衛の動きとレシーブを徹底してやってきましたし、そこは意識して臨んでいます。勇大くんのカバーもあるので、前の仕事に集中できています。気を抜かずに一戦一戦、頑張りたいです」

取材/平野貴也 構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/12/13

人気記事ランキング