【全日本総合2019】「自分の球質をもっと向上させなきゃいけない(緑川)」<混合ダブルス・準決勝コメント-2>

日本一を決める「第73回全日本総合選手権」の準決勝が、11月30日に東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館を舞台に開催された。ここでは、混合ダブルス準決勝を戦った2ペアのコメントを紹介する。

緑川大輝(写真左)/齋藤夏(早稲田大/ACT SAIKYO)

結果:渡辺勇大/東野有紗(日本ユニシス)に15−21、13−21で敗戦

緑川「今日は自分たちらしいプレーが出せたかなと思うので、悪くはなかったです。最初は相手に攻められることがすごく多かったけど、中盤以降は少し緊張もほぐれて、2人でどんどん前にいけた。悔いなく楽しくプレーできました。(世界トップ選手と初めて戦った感想は)一本一本の球の質が全然違った。何気ないつなぎ球もコースがいいし、浮いてこない。自分の球質をもっともっと向上させていかなきゃいけないと思いました。

(ベスト4について)自分たちのヤマは棄権があって、多少運がよかったのかなと思います。でも、そこでしっかりベスト4に入れたのはよかったです。

(国内の二番手がなかなか出てこない。そのポジションをねらっていく気持ちは)二番手だったり、一番手をめざしてやっていきたいと、2人とも思っています」

齋藤「自分たちらしくプレーできたし、ラリーも頑張ってついていけたかなと思います。相手は自分たちとスピードもフィジカルもまったく違って、もうちょっと食らいついていけたらよかったです。東野選手は、前衛で跳びつく範囲が広いのが本当にすごい。自分たちのプレーを出しても全然決まらなかったけど、決まったときはうれしかったです。

(今後の目標は)来年もナショナルチームに入ること。海外の試合では、優勝したり、安定した試合ができるようにしたいです」

金子祐樹(写真右)/中西貴映(日本ユニシス)

結果:西川裕次郎/尾﨑沙織(NTT東日本)に13−21、10−21で敗戦

金子「今日は出だしから相手のスピードあるプレーに、後手後手になってしまい、試合を通しても対処しきれなかったかなと思います。(西川選手の)強打にやられたというよりも、常にレシーブの展開になってしまって、じわじわと崩され、そのチャンス球を決められることがずっと続いてしまったということです。(ミックスは)お互い本職でもないし、普段練習してませんが、お互いのダブルスに生きるとは思うので、1試合でも多く試合ができたのはよかったかなと思います」

中西「女子同士のやりあいで、常に先にさわられることが多く、簡単に上げてしまいまいた。女子が作る場面で、相手にやられてしまったかなと思います。(ネット前では)前衛が抜くような球をこちらが出しても、うまく女子選手につかまってしまいました。それに対して、自分が全然さわれず、金子さんに厳しい球がいくことが多かったです。女子ダブルスでは私が後衛に入ることが多いのですが、それでも、今大会は(前衛で)何もできなかったと思うので、次頑張りたいです」

取材・構成/吉井信行、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2019/11/30
■関連キーワード

         

人気記事ランキング