【全日本総合2019】「安易に強打しないように意識した(桃田)」<男子シングルス・準決勝コメント>

日本一を決める「第73回全日本総合選手権」の準決勝が、11月30日に東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館を舞台に開催された。ここでは、男子シングルスで準決勝を戦った桃田賢斗と坂井一将のコメントを紹介する。

桃田賢斗(NTT東日本)

結果:坂井一将(金沢学院クラブ)に21-11、21-12で勝利

桃田「坂井さんは世界で試合をしてきた選手なので、プレッシャーを感じてくれたときはミスしてくれますが、こっちの気持ちが引いたときはしっかり決められる。点を取り合う展開だった1ゲームの序盤など、ネット前をいやがって踏み込みが遅くなってしまったのは反省点です。また、このレベルになると、こっちの強打をうまく利用してくるので、安易に強打しないように意識しました。

(会場からの声援は?)今日も会社の応援の方がたくさんきてくださいました。会場を味方にすると相手もやりづらいもので、トーナメントの一発勝負では、自分に流れを持ってくる意味でも大事なことです。(坂井選手は「詰め将棋のように一手一手を少しずつ追い込んでくる」と話していたが)とくに考えてはいないのですが、本能とかひらめきで、強打をしたり緩めたい。それがたまたまうまくはまったんじゃないかと思います」

坂井「昨日までの3試合と違って、(相手の)レベルが格段に上がりました。自分が振り回される展開が多くなり、足がだんだん止まってくるケースが増えて、カウンターをとられてしまいました。チームが変わって、地元・石川にいいニュースを届けることをモチベーションにしていて、サポートしてくれている企業やスポンサーにいい形で恩返ししたい気持ちがあります。世界で勝つよりも、まずは地元に貢献することを第一の課題としてやってきました。総合はベスト4で負けはしましたが、胸を張って帰れたらなと思います。

(約1年ぶりの対戦について)桃田選手は詰め将棋のようにしてくるので、1個1個、自分の対応が遅れてしまう。そこに力強いスマッシュをボディやサイドに打たれるので、それがプレッシャーにも感じました。1球1球に、意図がある球を打ってくるなと感じました」

取材・構成/楊順行、江國晴子、吉井信行、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳

投稿日:2019/11/30
■関連キーワード

               

人気記事ランキング