【全日本総合2019】「いろんな思いが込み上げてきた」(栗原&篠谷)<コメント>

11月26日から開催中の「第73回全日本総合選手権」(東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館)。大会4日目の29日は、各種目準々決勝が行なわれた。女子ダブルス準々決勝、世界選手権2連覇を果たした松本麻佑/永原和可那(北都銀行)に挑んだ栗原文音と篠谷菜留(日本ユニシス)は、敗戦後、あふれる感情をおさえることができず、涙を浮かべた。二人に、その涙の理由を聞いた。

栗原文音(左)&篠谷菜留(日本ユニシス)

結果:松本麻佑/永原和可那(北都銀行)に0-2で敗戦

――松本/永原戦について。

栗原 サービスまわりでやられることが多かった。一発だったり、いっぱいいっぱいでかわして、3球目でやられることが多かったですね。

篠谷 相手の得意な攻めの形で崩すことができませんでした。守りで崩して攻めにつなげられたらいいなと思っていましたが、そこまでもっていけなかった。そこをもう少し違うやり方でできていれば、少し展開は変わったかなと思います。

――試合後の涙の理由は。

篠谷 私自身、ユニシスの選手としては最後の個人戦の大会。栗原さんといままでたくさん試合をしてきましたが、今後は一緒にプレーできない、ユニシスとして個人戦がもうないんだという思いが、終わったあとに込み上げてきて……。もう一試合、もう一試合とたくさんやりたかったんですけど、終わってしまった。思いが込み上げて、涙をこらえることができませんでした。

――どういった思いで、この大会、この試合に臨んだのか。

栗原 4年前のオリンピックレースのときに、リオ五輪をめざして篠谷とやっていたんですけど、その途中でミックスダブルスを選ぶことになったときに、(篠谷には)すごくつらい思いをさせてしまって…。私もこの大会(全日本総合)はこれが最後だと思うので、いろんな思いがありました。遠征でなかなか練習できる機会がなかったですけど、その中でも自分のやれることをやってきて。今日も、昨日もそうですが、パートナーのおかげでここまでこれたと思います。今回もたくさん足を引っ張ってしまいましたが、たくさん助けてもらった。1試合でも多くやりたいと思ってやってきたので、私自身もいろいろ気持ちが込み上げてきた。最後まで、楽しく、二人らしくできたのはよかったかなと思います。

――今後については。

篠谷 私は全然まだ決まってない状態なんですが、別の環境でバドミントンを続けて、トップめざして頑張っていきたいと思います。

栗原 いまはまだ先のことは考えていないです。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳


投稿日:2019/11/30
■関連キーワード

               

人気記事ランキング