【全日本総合2019】「自分たちが譲らない、という気持ちで戦っていけたら(東野)」<混合ダブルス・準々決勝コメント>

日本一を決める「第73回全日本総合選手権」が、11月26日に開幕した。今年も東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館を舞台に、12月1日の決勝戦まで熱戦が展開される。大会4日目の29日は、各種目準々決勝を実施。ここでは、混合ダブルスの選手コメントを紹介する。

渡辺勇大(左)&東野有紗(日本ユニシス)

結果:山下恭平/篠谷菜留(日本体育大/日本ユニシス)に2-0で勝利

渡辺「今日の試合は、相手のことも見えていましたし、スペースを見つけて無理のない展開の攻撃を多くつくることができました。かなりいいゲームでした。後ろから一発で打ってもなかなか決まらない試合だったのですが、70、80パーセントくらいのパワーで打って、前で(東野に)決めてもらうという展開がすごくはまったと思います。昨年、一昨年と優勝していますが、1位で居続けたいというのは常々思っているので、がめつく勝ちにいきたいです」

東野「昨日は今大会の初戦で緊張しているところがあったので、今日は出だしの部分でしっかり気を引き締めて入りました。その結果、最初から終盤まで自分たちのプレーがしっかりできてよかったです。内容としては勇大君が後ろでバッチリやってくれたので、私は決めるだけという役割分担ができていたと思います。明日の相手は若い選手で勢いもある。自分たちが譲らないという気持ちで戦っていけたらと思います」

西川裕次郎&尾﨑沙織(NTT東日本)

結果:保木卓朗/永原和可那(トナミ運輸/北都銀行)の途中キケンにより勝利

西川「(9月の)全日本社会人(優勝)から間が空きましたが、昨日の試合(2回戦)でファイナルゲームになったことで、自分たちのリズムというのが、ちょっと戻ってきました。今日は出だしから挑戦者の気持ちで入れたので、それが今日は1−1で終わってしまいましたけど、この(ベスト4)結果につながったと思います。(準決勝は)自分たちとしては初めての経験ですし、緊張もすると思いますが、向かっていく立場を忘れずに、どんどん声を出して自分たちの形を作っていきたいと思います」

尾﨑「今日の相手が強いのはわかっていましたが、自分たちなりに準備はしてきました。(試合は)相手のキケンで勝つことができ、明日も試合ができることになったので、そこで頑張りたいと思います。明日は自分たちが挑戦者。思い切ってプレーしていきたいです」

取材・構成/吉井信行、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳


投稿日:2019/11/30
■関連キーワード

         

人気記事ランキング