【全日本総合2019】「体力やパワーで押しきった(西本)」<男子シングルス・準々決勝コメント>

日本一を決める「第73回全日本総合選手権」が、11月26日に開幕した。今年も東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館を舞台に、12月1日の決勝戦まで熱戦が展開される。大会4日目の29日は、各種目準々決勝を実施。ここでは、男子シングルスのコメントを紹介する。

西本拳太(トナミ運輸)

結果:奈良岡功大(浪岡高)に2-1で勝利

「相手は高校3年生とは思えない。レシーブだったりヘアピン、ロブ、タイミングの外し方などは世界でも通じるし、怖い存在でした。もちろん試合前からその心構えはできていて、第1ゲームを取れたのは場慣れの差でしょう。

第2ゲームは相手の作戦にはまってしまい、特に18オールからのチャンスをミスったのがもったいなかったですね。3ゲームはのらりくらりにはまらないよう、体力やパワーで押し切りました。

相手への応援が大きかったですが、A代表の意地もありますしね。明日は世界ランキングは関係なく、同じチームでも海外を相手にしているつもりでやります。向こうは挑戦者のつもりでくるでしょうが、気持ちの勝負ですね」

常山幹太(トナミ運輸)

結果:古財和輝(龍谷大学職員)に2-0で勝利

「2ゲーム目、相手が全力でくるなと思っていたので、競るのはわかっていたんですが、そこで自分が相手にリードされたときに弱気になってしまって、そういう気持ちの面が今大会はできていない。そこを明日修正して、できたらいいなと思います。

対戦相手が、今大会で最後だということは知っていましたが、負けるわけにはいかないので、思い切りプレーしました。最後はもう少しすんなり決められればよかったんですが、相手の打ったショットがアウトしたかどうか微妙だったので、線審に確認しました。

コンディション的には、だんだん感覚もよくなってきているので、あとは自信をもってやれればいいなと思いますね。明日は自分のプレーをしっかりして、向かっていく気持ちをもって臨みます」

坂井一将(金沢学院クラブ)

結果:五十嵐優(日本ユニシス)に2−1で勝利

「(前所属の)日本ユニシスの会社の方や、選手たちがスタンドから見ていたので、やりにくい部分はありました。でも、A代表として、また金沢に戻ったということで、一つでも多く勝って金沢にいいニュースを届けたいと思って試合に挑んでいるので、今日勝ちきれたのは大きい。ベスト4とベスト8では、やっぱり価値が違うかなと思います。

(ファイナルゲーム、デュースの接戦について)デュースに入ってからは、五十嵐選手の勝ちたい気持ちが伝わってきました。ただ、勝ちたい気持ちが強すぎると簡単なミスだったり、ねらいにいったところでのミスが増えると思うので、自分はデュ―スで“簡単なミスをしない”、“一球でも多くラリーをすること”を心がけたので、それが競ったなかでの勝因かなと思います。

(桃田選手との対戦は)1年ぶりぐらいだと思います。久しぶりに羽根を交える意味でも、楽しみながら、1球でも多くラリーをしたいなと思います」

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2019/11/29

人気記事ランキング