【全日本総合2019】「気持ちで攻めていけた」(奈良岡)」<1回戦・コメント-5>

日本一を決める「第73回全日本総合選手権」が、11月26日に開幕した。今年も東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館を舞台に、12月1日の決勝戦まで熱戦が展開される。大会2日目の27日は、各種目1回戦を実施。ここでは、注目選手などのコメントを紹介しよう。

奈良岡功大(浪岡高)

結果:小本大佑(NTT東日本)に2−0で勝利

「今日の試合は相手にリードされる展開でしたが、自分を信じて、得意のラリーをして、自分のペースで試合ができたことがよかったです。前半にラリーをしたことで、相手の球筋が見えてきた。そこから攻めていけばいいと思っていたので、それがうまくできたと思います。

(激しいクリアーの打ち合いが何本もあったが)レシーブには自信があるので、相手も打ってこなかったんだと思います。自分も先に仕掛けたら負けると思って、めちゃくちゃ我慢しました。後半から(ギアを)上げましたが、作戦というより”気持ち”。気持ちで攻めていきました。

(昨年は1回戦負けで、硬さがあったが)今回は、そんなに硬くならなかったです。最近は調子が上がってきて、国際大会でも勝てているので、その勢いのまま今大会も勝ち進んでいきたい。一戦一戦頑張って、この1年やってきた成果を出したいです。明日の下農(走)選手にも向かっていって、勝ちたいと思います」

西本拳太(トナミ運輸)

結果:野田統馬(八代東高)に2−0で勝利

「総合独特の雰囲気の中で試合をしましたが、ひとまず、2ゲーム目をいい形(21-6)で終えることができたのでよかったと思います。1ゲームを取れたことが、2ゲーム目のいいスタートにつながったのかなと思います。

(相手の印象は)リーチがありましたし、インターハイで2位という、高校界の中でも実力がある選手だなとは感じました。また、自分が高校生のときも社会人選手に“当たって砕けろ”で挑んでいましたが、自分がそういう(受ける側の)立場になったのだな、とも思いました。

今大会は応援に来てくださる方や、ファンの方のためにという気持ちが強いので、ブレることなく、泥臭くやっていきたいと思います」

緑川大輝(早稲田大)&齋藤夏(ACT SAIKYO)

結果:三浦昂/大迫晴加(丸杉)に2−0で勝利

緑川「今大会はシャトルが飛ばないと感じます。ラリーが続くぶん、やりやすい。自分たちのいいプレーが出やすいので、その点では、合う会場かなと思います。今日も調子がよかったので、この勢いでいきたいです。

明日の相手(浦井唯行/宮浦玲奈〔丸杉/ヨネックス〕)は、すごく攻撃力がある。運動量もすごくあるので、自分たちもそこに負けないようにして、スピードを上げていきたい。レシーブやサービスまわりも大事になると思うので、そこで自分たちが優位に立てるようにやっていきたいです」

齋藤「今日は自分たちのプレーが出せてよかったです。明日は、5月の日本ランキングサーキットでファイナルで負けた相手。代表合宿で一緒にやっているぶん、お互いにやり方を知っているのですが、自分たちは全力で向かっていければと思います」

 

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2019/11/27
■関連キーワード

                     

人気記事ランキング