【全日本総合2019】「一つでも多く勝って自分をアピールしたい」(秦野)<初日コメント-1>

日本一を決める「第73回全日本総合選手権」が、11月26日に開幕した。今年も東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館を舞台に、12月1日の決勝戦まで熱戦が展開される。大会初日となった26日は、各種目予選トーナメントを実施。ここでは注目選手などのコメントを紹介しよう。

【男子シングルス】

秦野 陸(埼玉栄高)
結果:予選2試合を勝ち上がり、本戦に進出
「相手の選手は1試合目に長い試合をして脚にもきていたと思うので、1ゲーム目は自分のペースでプレーできたのですが、2ゲーム目に相手がスピードを上げたのに対して(自分の)スピードを上げられなかったところが反省点。ファイナルゲームは“我慢比べ”を自分の中で決めていたので、自分からミスしないでやることを考えました。今大会は本戦に上がって、一つでも多く勝って、自分のことをアピールできたらいいなと思っていたので、まずはこうして本戦にいけたことはうれしく思っています。
予選もそうですが、全日本総合は強い人しか出ていない。こういった大会に出るだけでも自分はいい経験ができていると思いますし、この舞台に立ちたくても立てない人もいるので、1試合でも多く、1球でも多く、1分でも長くコートに立っていられるように、頑張っていきたいです」

齋藤 駿(ふたば未来学園中3年)
※2019年全国中学校シングルス優勝
結果:予選1回戦で田中佑貴(龍谷大)に02で敗退

「相手は大学生で、自分よりレベルが上なのもわかっていたので、1ゲームの最初から飛ばして点差をつけようと思っていました。でも、なかなか点差もつかず、イレブンをとられてから相手のペースになって自分のプレーはあまりできませんでした。相手のスマッシュに対して怖がってしまい、自分自分の返球がネットよりだいぶ高く上がって、そこから詰められる展開がすごく多くなりました。そこをしっかりレシーブをして、つなげられるような配球をできたらいいのかなと思います。今後は、もっと体をつくって、ショットの精度も高めていきたいです」

【女子シングルス】

明地陽菜(柳井中3年)
※2019年全国中学校シングルス優勝
結果:予選1回戦で永井瀬雰(NTT東日本)に12で敗退

 「今大会では中学生の私が一番年下なので、挑戦する気持ちで試合に臨みました。でも、緊張はしました。中学生よりパワーがあって、すごくキツイ試合でしたが、今後につながる試合になったと思います。

自分はあまりパワーがないのですが、相手もスマッシュで崩すというよりハーフの球などで崩してきました。つなぎの球でラリーが長くなりましたが、そこであまりミスなくできたのはよかった点です。

反省点は、ショートサービスを打たれたとき、(返球した)シャトルが飛んでアウトにしたところ。やりきったと思いますが、もっと食らいついていたら展開も変わっていたのかなと思います。

 次は高校生になるので、インターハイや選抜で頑張って、また全日本総合に出られたらいいなと思います」

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳

投稿日:2019/11/26
■関連キーワード

                        

人気記事ランキング