【全日本総合2019】「気持ちで絶対に負けたくなかった」(髙橋)<初日コメント-2>

日本一を決める「第73回全日本総合選手権」が、11月26日に開幕した。今年も東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館を舞台に、12月1日の決勝戦まで熱戦が展開される。大会初日となった26日は、各種目の予選トーナメントを実施。ここでは、注目選手などのコメントを紹介しよう。

初日コメント―1はこちら

【女子シングルス】

髙橋明日香(ヨネックス)
結果:シングルス2試合、ダブルス2試合を勝ち上がり、ともに本戦に進出

「4試合……きつかったです(苦笑)。1日4試合は、高3のインターハイを思い出しました(編集部注:2017年のIHで3冠を達成)。社会人相手なので、高校生のときよりキツイと思っていましたが、気持ちで絶対に負けたくないと思っていたので、それが勝利につながったのかなと思います。

シングルスは、まずは本戦にいくことが第一だったで、その目標を達成できてよかったです。ダブルスは、パートナー(水津優衣)もシングルスの選手で、ペアとしてダブルスの試合に出たことが全然なく(本戦進出は)ビックリなのですが、逆にリラックスして自分たちのいい部分を出せたと思います。

本戦では、シード選手と当たれるところまで勝ち上がりたい。前回負けた山口茜選手や、奥原希望選手と当たっても勝つチャンスはゼロではないと思うので、まずそこにいくのが本戦の目標です。一戦一戦向かっていって、全力を出しきりたいです」

【混合ダブルス】

緑川大輝(右)&齋藤 夏(早稲田大1年&ACT SAIKYO
結果:予選2試合に勝利し、本戦に進出

緑川「全日本総合は日本代表の選考基準にもなっているので、どの大会よりも重要な大会かなと思っています。今年からB代表に入りましたが、気負わずにやっていきたいです。自分たちはチームが違って、あまり一緒に練習できないんですが、代表合宿ではコンビネーションやレシーブを強化してきました。今シーズンは、それが結果として表れた試合もありましたが、実力を出せずに終わった試合もあったので、もっと安定性を高めていきたいです。やはり、どんな大会も常に勝ちたいです。今大会の目標は高く、優勝です!」

齋藤「ちゃんと点数を抑えて勝てたのはよかったと思います。今年はB代表に入って、たくさんいい経験をさせてもらえました。コンビネーションもレシーブ力も上がってきた実感があります。今大会の目標は一戦一戦。B代表のプレッシャーに負けないようにして、自分たちのプレーを出しきれば結果がついてくると思います」

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳

投稿日:2019/11/26
■関連キーワード

                     

人気記事ランキング