【インカレ2019】山下&山田が熱戦を制して頂点に!<男子ダブルス>

大学生のナンバーワンを決める全日本学生選手権(神奈川・小田原アリーナ)。団体戦は台風の影響を受けて中止となったが、個人戦は14日から予定通り実施された。17日は、各種目の準決勝・決勝が行なわれ、それぞれチャンピオンが決まった。ここでは、男子ダブルスの戦いをダイジェストでお伝えする。

【男子ダブルス】

山下恭平(右)/山田尚輝が王座に。準決勝で昨年のチャンピオンを破って勢いに乗った

熱戦の多かった男子ダブルス。準決勝を突破して決勝進出を決めたのは、日本体育大の山下恭平/山田尚輝と敬和学園大の小川桂汰/柴田一樹だ。山下/山田は、昨年のインカレを制した小野寺雅之/大林拓真(早稲田大)を2-1で撃破。1-1で迎えたファイナルゲームは序盤から果敢に攻めてリードを奪い、13本で振り切った。一方の準決勝は、今年の東日本と西日本のチャンピオン対決が実現。意地と意地がぶつかり合った試合は、小川/柴田が三上楓/霜上雄一(日本体育大)を2ゲームともに15本に抑え込み、優勝へあと一勝とした。

迎えた頂上決戦。その大舞台で強さを発揮したのは山下/山田だ。2人は低く速い展開を仕掛ける小川/柴田の球を冷静にさばき、第1ゲームを18本で先制。第2ゲームは1-6と出鼻をくじかれたが、焦らず点差を縮めて逆転すると、最後まで攻め切って21-16で優勝を決めた。3年生の山下は、1年時に玉手勝輝(現・日立情報通信エンジニアリング)と達成して以来、2年ぶりのインカレ制覇。2年生の山田は初の全国タイトルをつかみ取った。

西日本王者の小川桂汰(左)/柴田一樹は、あと一歩優勝に届かず。それでも、昨年ベスト16強からの躍進は「うれしい気持ちもある」(小川)

【優勝コメント】

優勝:山下恭平(右)/山田尚輝(日本体育大・3年/2年)

山下 2年ぶりに優勝できて、すごくうれしいです。準決勝の小野寺/大林ペアには勝ったことがなかったので、「頼むから勝たせてくれ!」という気持ちでした(苦笑)。今回は相手の得意な形を崩していけたし、自分たちの勝ちたい気持ちが強かったので、ファイナルゲームもガツガツ攻めていけた。ここを突破できたことで、決勝は自信を持ってプレーできたのがよかったです。B代表のプレッシャーは……感じないようにしていました。ミックスで学んだことや、代表合宿で鍛えた部分などを出せたかなと思います。

山田 初めての個人タイトルを取れて、すごくうれしいです。昨年のインカレは2回戦負けで、すごく悔しい思いをして、来年こそはトップに立とうと思って日々の練習に取り組んできました。今年の4月から恭平さんと組むことになって、より負けられない気持ちになった。プレッシャーは少しありましたが、先輩が引っ張ってくれましたし、自分も声を出して気持ちを奮い立たせて、相手に向かっていくプレーができたことが優勝につながったのかなと思います。全日本総合では、1回でも多く勝ってナショナルに入ることが目標です。

【男子ダブルス結果】(17日)

▼準決勝

山下恭平/山田尚輝(日本体育大)②〔21-15、13-21、21-13〕1●小野寺雅之/大林拓真(早稲田大)
小川桂汰/柴田一樹(敬和学園大)②〔21-15、21-15〕0●三上楓/霜上雄一(日本体育大)

▼決勝
山下恭平/山田尚輝②〔21-18、21-16〕0●小川桂汰/柴田一樹

左から霜上、三上、柴田、小川、山田、山下、小野寺、大林

★インカレ2019の熱戦の模様は、11月22日(金)発売予定の『バドミントン・マガジン』12月号でも紹介します。

取材・文/バドミントン・マガジン編集部
写真/幡原裕治


投稿日:2019/10/17

人気記事ランキング