【茨城国体】IH王者・奈良岡を擁する青森が初優勝!<少年男子>

9月29日に茨城県石岡市で開幕した「第74回国民体育大会」は、10月2日に大会最終日を迎え、各種目の決勝戦と3位決定戦が行なわれた。ここでは青森が初優勝を果たした少年男子のダイジェストをお伝えしよう。

少年女子の結果はこちら

【少年男子】

今大会、青森はインターハイ団体準Vの浪岡高から、奈良岡功大、久慈友也、渡邊拓斗が出場する必勝態勢。そのなかで、久慈の調子が上がらず苦しい戦いもあったものの、エース・奈良岡の活躍などで順当に決勝へと駒を進めていた。また、逆ののヤマから勝ち上がったのは埼玉。埼玉栄高単独チームの埼玉は、世界ジュニア派遣のため主力の多くを欠く状況だったが、接戦を勝ち続けて決勝進出を果たす。

注目の決勝戦。ダブルスでは、青森の奈良岡/渡邊が百上拓海/樋口輝と競り合いながらも18本、15本で先制した。一方で、意地を見せたい埼玉は、ダブルスに続く2連戦となった百上が、第1シングルスで久慈から星を奪い返して1−1に持ち込む。

しかし、埼玉の反撃もここまでだった。青森はインターハイ単王者の奈良岡が、第2シングルスで秦野陸を相手に11本、16本と完勝。少年男子の部で青森が初優勝を飾った。

決勝戦では先制ポイントをつかんだ奈良岡(左)/渡邊

優勝コメント 青森・奈良岡浩監督

「少年男子では初優勝ということで、優勝を青森県に持っていけたというのは、率直によかったなと思っています。決勝の埼玉戦も簡単にはいかないと思っていましたし、勝たなければいけないというプレッシャーはありましたが、しっかり戦えたのではないかと思います」

【少年男子・結果】

▼決勝
青森 2―1 埼玉

奈良岡功大/渡邊拓斗②〔21-18、21-15〕0●百上拓海/樋口輝

久慈友也●0〔11-21、19-21〕②百上拓海

奈良岡功大②〔21-11、21-16〕0●秦野陸

▼3位決定戦

長崎 2―0 宮崎

中島巧/杉本一樹②〔21-19、21-19〕0●小川航汰/樋口稜馬

町祥英②〔21-13、21-16〕0●實藤圭亮

埼玉は百上が単複で出場。複では敗れたものの、単を2−0で制して後続につなげる活躍をみせた

▼準決勝

埼玉 2−1 長崎

青森 2−1 宮崎

▼準々決勝

埼玉 2−1 熊本

長崎 2−0 東京

宮崎 2−1 愛媛

青森 2−1 兵庫

取材・文/吉井信行

写真/菅原淳


投稿日:2019/10/02
■関連キーワード

            

人気記事ランキング

閉じる