【全日本ジュニア】男子は森口が第1シードを撃破し準決勝へ! 女子はV候補の郡司、髙橋が勝ち上がる<ジュニアの部>

9月20日(金)に開幕した『JOCジュニアオリンピックカップ第38回全日本ジュニア選手権』(新潟県・新潟市東総合スポーツセンター、新潟市秋葉区総合体育館)は、22日までに各種目の準々決勝までが行なわれた。ここでは、高校2年生以下で争われるジュニアの部男女シングルスをダイジェストでお伝えする。

【ジュニアの部 男子シングルス】

埼玉栄の森口航士朗が選抜3位の実力者を破って4強入り。「信じられない。先輩との練習で自信がついたおかげ」

男子シングルスは、第1シードで優勝候補の稲光翔太郎(福島)が準々決勝で姿を消した。その稲光に勝利して準決勝進出を決めたのは、1年生の森口航士朗(埼玉)。ファイナルゲームの終盤までもつれた熱戦を21-19で競り勝ち、最終日へとコマを進めた。そのほかのヤマでは、四つ角シードから頂点をめざす花田彬(熊本)、武井凜生(福島)、内野陽太(埼玉)がベスト4入り。ダブルスでも準決勝に進んでいる武井は最終日、1年生での“2冠”獲得にも期待が高まる。

【ジュニアの部 女子シングルス】

前日のダブルスに続いて、シングルスでも最終日に駒を進めた髙橋美優(青森山田)

昨年、この舞台で頂点を争った郡司莉子(熊本)と髙橋美優(青森)の2人が順当にベスト4入りを決めた。全日本ジュニア連覇、そして高校選抜、地元・熊本インターハイに続く優勝をねらう郡司は隙のない勝ち上がり。一方の髙橋は4回戦こそ第1ゲームを失ったが、以降はきっちり立て直して地力の高さをみせた。

その髙橋とチームメートの内田美羽(青森)は、実力者・栗原琉夏(千葉)との準々決勝を2-1で突破。ファイナルゲームで先にマッチポイントを握ったのは栗原だったが、ねばり強いプレーで追い上げ、追い越した内田が最後は24-22で勝利をつかみ取った。右上のヤマからは、快進撃を続けて勝ち上がった全中女王の明地陽菜(山口)をストレートで下した中静朱里(福島)がベスト4入り。今夏のインターハイで団体4連覇を果たしたふたば未来学園の新時代を担うエースとして、好調な滑り出しをみせている。

各種目・準々決勝の結果は以下の通り。

◆ジュニア男子シングルス
森口航士朗(埼玉)②〔21-18、14-21、21-19〕1●稲光翔太郎(福島)
内野陽太(埼玉)②〔21-16、21-18〕0●柴田拓実(埼玉)
武井凜生(福島)②〔16-21、21-2、21-8〕1●武田航太(埼玉)
花田彬(熊本)②〔12-21、21-6、22-20〕1●増本康祐(滋賀)

先輩の山下啓輔とのダブルスでも勝利をめざす武井

◆ジュニア女子シングルス
郡司莉子(熊本)②〔21-16、21-11〕0●鈴木沙也夏(山口)
内田美羽(青森)②〔21-15、9-21、24-22〕1●栗原琉夏(千葉)
中静朱里(福島)②〔21-16、21-16〕0●明地陽菜(山口)
髙橋美優(青森)②〔21-17、21-12〕0●水津愛美(山口)

失ゲーム0で勝ち上がった中静

◆ジュニア男子ダブルス(9月21日)
町田脩太/永渕雄大(長崎)②〔21-16、21-19〕0●木野舜悟/細岡虎哲(南北海道)
宇治夢登/谷津央祐(大阪)②〔17-21、21-14、21-10〕1●西大輝/望月健太(京都)
西田陽耶/目崎駿太郎(埼玉)②〔21-8、21-12〕0●増本康祐/田村碧葉(滋賀)
山下啓輔/武井凜生(福島)②〔21-15、21-16〕0●伊藤亘哉/藤谷虎太朗(石川)

◆ジュニア女子ダブルス(9月21日)
中山うらら/岩野真睦(愛知)②〔21-5、21-11〕0●佐々木梨子/髙橋美萩(岩手)
髙橋美優/加藤佑奈(青森)②〔21-12、21-16〕0●遠藤愛加/目﨑舞桜(新潟)
廣上瑠依/杉山薫(福島)②〔21-16、21-13〕0●兒玉亜依/坂中琴音(大阪)
青木もえ/谷川莉奈(茨城)②〔21-13、21-17〕0●東美衣奈/岡珠希(三重)

◆ジュニア新人男子シングルス
沖本優大(埼玉)②〔21-19、21-13〕0●佐藤瑠活(宮城)
野口駿平(埼玉)②〔21-15、21-8〕0●澤田修志(北北海道)
谷岡大后(福島)②〔19-21、21-9、21-9〕1●安田輝(香川)
角田洸介(埼玉)②〔21-19、21-15〕0●山田修平(長野)

◆ジュニア新人女子シングルス
石岡空来(福島)②〔19-21、21-14、21-15〕1●曽雌玲那(栃木)
横内美音(青森)②〔21-12、21-15〕0●宮崎友花(山口)
岩戸和音(北北海道)②〔19-21、21-18、21-10〕1●山北奈緒(福島)
遠藤美羽(栃木)②〔21-17、19-21、21-19〕1●田口真彩(大阪)

取材・文/バドミントン・マガジン編集部
写真/菅原 淳


投稿日:2019/09/23
■関連キーワード

               

人気記事ランキング